JR西日本の豪華寝台列車 「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」。
山陰コース(下り)では 城崎温泉駅が停車駅(立ち寄り観光地)となっていますが、2駅隣の豊岡駅にも運転停車します。

今回、昨年(2019年)4月に豊岡駅を訪れ、瑞風を撮影してきました。
土休日に 山陰本線 豊岡~鳥取駅間で運転される 臨時快速 「山陰海岸ジオライナー」 と合わせて紹介します。


※TWILIGHT EXPRESS 瑞風は、新型コロナウイルス感染拡大の影響 及び 車両の定期検査、車両品質向上に伴う工事のため、2020年11月末まで運休します。

※臨時快速 山陰海岸ジオライナーは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で 2020年6月28日まで運休します。

 
広告


CIMG1756
ジオライナーが発車する1時間以上前に豊岡駅を訪れると、ホーム西側の留置線にジオライナー車両が停車していました。

この駅でジオライナーを撮るのは、2014年以来となります。





CIMG1795
1時間後、3・4番のりばの発車標を撮影。

一番上の 「団体」 が瑞風です。
瑞風は14時1分、ジオライナーは14時9分と発車時刻が近く、このように並んで表示されました。

ジオライナーの表示は 2014年の撮影時から全く変わっていない・・・と思いきや、少し変化がありました。
種別表示が 「快速」 から「臨快速」 に変わっています。


CIMG1797
英語表示は こんな感じ。

「団体」 の英語表示は、JR京都線など京阪神地区の多くの路線だと 「Group」 ですが、この駅では 「Special Train」 となっていました。


CIMG1844
CIMG1845
種別・列車名の表示を拡大して撮影。


CIMG1882-2
CIMG1883-2
続いて、改札口に設置されている発車標をご紹介。
こちらは、「団体」 の表示が出ていません。


CIMG1895-2
CIMG1894-2
ジオライナーの表示が、一番上の段に表示されました。


CIMG1885-2
CIMG1886-2
一番下の段には、このように ジオライナーの停車駅がスクロール表示されます。

ちなみに、今年(2020年)3月のダイヤ改正以降、東浜駅にも停車するようになりました。


BlogPaint
発車標の撮影後、少しして 4番のりばに瑞風が到着しました!


CIMG1908
今度は少し角度を変えて撮影。

瑞風は この駅で3分ほど停車した後、発車していきました。


CIMG1915
3番のりばに停車中のジオライナーを撮影。

車両は、山陰地区でおなじみのキハ126系気動車。
主に ジオライナー専用の 「山陰海岸ジオパークラッピング列車」 で運転されています。

2014年に撮った時は、隣のホーム 1番のりばから発車していました。


CIMG1919
今度は、隣のホーム 1番のりばから撮ってみました。

その後、ジオライナーに乗って 城崎温泉駅へ向かいました。


CIMG2258
16時半前に豊岡駅に戻ってくると、瑞風が停車していました!

瑞風の乗客は 城崎温泉駅で下車して観光中。
17時37分の発車まで かなりの時間があり、その間 車両は豊岡駅へ戻って1時間半以上待機するのです。

瑞風は 3番のりばに停車しているのかと思いきや・・・


CIMG2235
1番のりばと3番のりばの間にある、ホームの無い線路に停車していました。
これは予想していなかったです。


CIMG2265
CIMG2262
1番のりばから瑞風の車両を撮影。


CIMG2276
今度は3番のりばから。 停車している普通列車も入れて撮ってみました。


CIMG2281
しばらくして、瑞風が 城崎温泉駅へ向かって発車していきました。


以上、豊岡駅で撮影した瑞風とジオライナーを紹介しました。


★次の記事★



広告