CIMG1199
CIMG1200
※上の写真は、新大阪駅 12番のりば(現在の4番のりば)の発車標。(2016年2月撮影)


JR西日本 京阪神地区の多くの路線では、「当駅止」 の表示が 発車標の行き先欄に表示されます。
その際、発車時刻は表示されません。

ところが、豊岡駅の発車標は、そんな当駅止の表示が 他の駅と異なっているのです。



CIMG0900
※写真は2019年1月撮影。

それがこちら。
当駅止の表示が列車名欄に表示されるというのも珍しいですが、注目してほしいのは 当駅止の表示が2種類存在する ということです。

一番上の段では 「当駅止」 が列車名欄にのみ表示されているのに対し、一番下の段では 列車名欄と行き先欄の両方に当駅止の表示が出ています。

この2つにどんな違いがあるのかというと・・・



CIMG0901
英語表示を見れば一目瞭然。

一番上の当駅止は 到着後 浜坂方面へ折り返す列車であり、列車名欄に 「折返浜坂行」 と表示されます。

JR西日本の発車標は、基本的に 到着後に折り返す列車に対して 「当駅止」 と案内しません。
発車標に「折返○○行」 表示が出るのは、この駅だけではないでしょうか?

一番下の当駅止は、列車名欄・行き先欄共に 「Not in Service」と表示されています。
先ほどと異なり、到着後 回送列車となります。

この駅では、当駅止まりの列車でも 発車標に時刻が表示されていますが、これは 発車時刻ではなく 到着時刻です。
当駅止まりの列車が到着すると、「当駅止」 の案内表示は すぐに消えてしまいます。


CIMG0896 (2)
CIMG0897 (2)
列車名欄を拡大して撮ってみました。


以上、豊岡駅の2種類の 「当駅止」 表示を紹介しました。


※2020年6月22日追記※
この記事を書いた後、2019年4月に撮った写真を見たところ、当駅止の表示が変化していることに気づきました。
詳しくは、以下の記事に書いています。



広告