2012年から大規模な改良工事が続く 新大阪駅の在来線ホーム。

旧17・18番のりば(現在の新15・16番のりば)の東側に 新しいホーム(新17・18番のりば)を増設し、その後 ホームの改装・線路の配線変更を繰り返して 順番にホームをずらしていきます。

今年1月、旧15・16番のりばを改装した新13・14番のりばが使用開始されました。
これに伴い 旧13・14番のりばは閉鎖され、現在 改装工事が行われています。

ホームが閉鎖されてから 3ヶ月近く経ちました。

今回は、2015年4月12日現在の工事の様子をご紹介。
写真が多いので、Part1・Part2の2回に分けて書きたいと思います。

【前回の記事】

新大阪駅 旧13・14番のりば 使用停止直後の様子(2015年1月18日)


CIMG5532
CIMG5543
まずは、12番のりばから撮った写真を 京都側から順にご紹介。
スピーカーや照明、消火栓、非常ボタンが撤去されています。



CIMG5549
CIMG5545
CIMG5560
京都側では、旧13番のりばの線路が仮設置状態になっていました。
改装工事に伴って 敷き直されるようです。

奥の方に 新しい線路や分岐器らしきものが置かれています。



CIMG5554
振り返って、駅舎方向を撮影。


CIMG5534
CIMG5538
駅舎真下の様子を見ていきます。
工事が本格的に始まっており、ホームに青色の防護ネットが取り付けられていました。


CIMG5524
京都側の階段です。
天井の工事が行われているのか、細い鉄骨が組まれていました。

階段前にあった案内看板や古い電光掲示板は撤去されています。



CIMG5509
CIMG5513
階段の裏にあった駅員室が解体されていました。


CIMG5514
CIMG5505
CIMG5519
ホーム中程にあった下りエスカレーターが 完全に撤去されていました。


CIMG5497
CIMG5494
上りエスカレーターも この通り。

駅名標は、京都側の階段前にあるLED発光型の駅名標を除き 全て撤去されていました。
のりば番号看板や自動販売機も なくなっています。



CIMG5498
大阪側の階段の裏にあった キヨスクの建物は 跡形もなくなっています。


CIMG5490
CIMG5481
大阪側の階段を撮影。 細い鉄骨は組まれていませんでした。
こちらも、階段前にあった案内看板や古い電光掲示板が撤去されています。



CIMG5487
CIMG5469
立ち食いうどん・そば屋 「麺家」 の建物は まだ残されていました。


CIMG5463
振り返って、駅舎方向を撮影。
駅名標や自動販売機は撤去されましたが、消火栓や 風景の写真の掲示板は残っています。



CIMG5457
CIMG5441
CIMG5439
CIMG5454
CIMG5445
CIMG5446
ホームの大阪側では、「麺家」 の建物の少し先から 屋根が完全に撤去されていました。
屋根のない場所では ホームの端が削られています。

線路は こちらも仮設置状態になっていました。
前回の撮影時に比べ、明らかに線路が旧13・14番のりばのホームから離れ、12番のりばの線路に寄っているのが分かります。

ひょっとして、今後 ホームを拡幅するのでしょうか?



CIMG5450
旧13番のりばの線路は、ホームの南端で途切れていました。

Part2の記事では、新13番のりばから撮った写真と コンコースの様子を紹介します。
新大阪駅 旧13・14番のりば改装工事(2015年4月) 【Part2】

広告