CIMG7361 (2)
※写真は 茶屋町駅に停車中の 普通 宇野行き(213系)。
(過去記事 「
茶屋町駅 ホーム・改札口の電光掲示板(発車標) 」 より)


2015年5月、JR西日本は 公式ホームページで、岡山エリアの宇野線吉備線岡山駅の出入口(東口・西口)に愛称を設定すると発表。

これらの愛称名を 6月に一般から募集しました。
(過去記事 「
【JR西日本】 宇野線・吉備線と岡山駅東口・西口に愛称を設定へ!6月に一般から募集! 」 を参照)


愛称名は 応募数による決定ではなく、選考委員会が 応募された愛称名を参考に ふさわしい名前を選考します。

一体どんな愛称になるのか 気になっていましたが、2015年9月17日、決定した愛称が ついに発表されました!
このブログで さっそく取り上げたいと思います。



【JR西日本 ニュースリリース】
~お客様によりわかりやすく鉄道をご利用いただくために~ 
「吉備線」 「宇野線」 および 「岡山駅出入口」 の愛称名が決まりました



広告


宇野線の愛称・・・宇野みなと線
近年、瀬戸内のアートの島々への旅行が増えており、その玄関口・宇野港へ向かう路線であることを よりわかりやすく伝えるとともに、海が広がる明るいイメージと親しみを感じていただきたいという思いを込めた。

吉備線の愛称・・・桃太郎線
沿線に桃太郎伝説のモデルとされる 吉備津彦命にまつわる多くの伝説や史跡が残されており、桃太郎が子どもから大人まで昔話として馴れ親しまれていること、また 台湾など国外でも認知・関心が高まっていることを考慮。


岡山駅東口の愛称・・・後楽園口
駅の東側エリアには、国の特別名勝にも選ばれ世界に誇る文化財庭園である 「岡山後楽園」 があり、ここへ向かう出口であることを、特に県外からの利用客にも わかりやすくなることを考慮。


岡山駅西口の愛称・・・運動公園口
駅の西側エリアの主要施設である県総合グラウンドの通称として地元の人にも馴染みがあり、スポーツコンベンションへの参加や観戦で来る人にも わかりやすくなることを考慮。


宇野線の愛称は、宇野みなと線に決まりました。
うわ~こんなダサくて長ったらしい愛称 絶対嫌! と 大いに不満な方もいるでしょう。

その方に まず謝ります。
自分がこの愛称を応募しました。(他にも いると思いますが)

本音を言うと、宇野線という正式名自体が余りにもわかりやすいので 愛称は付けなくていいと思うのですが、付けるとしても 「宇野」 の文字は外せません。

宇野といったら やっぱり宇野港。
宇野港へ向かう路線であることを示すということで 思いついたのが 「宇野みなと線」。

JR西日本曰く、観光客や地元の利用客にとって、"よりわかりやすく使いやすく、さらに親しみを感じていただける鉄道を目指して" 愛称を設定するとのことなので、この名前なら わかりやすさと親しみやすさを兼ね備えていると思いました。

自分が応募した愛称が本当に採用されるとは驚きです。



吉備線の愛称は、まさかの桃太郎線

桃太郎伝説が残る吉備国の中心を走る路線ということで 自分が予想していた愛称ではありますが、いざ 正式に決まったことが発表されると、何とも言えない気持ちになりますね。

これで本当に良いのか!? JR西日本!!!

桃太郎線は乗り換えです」  「10番のりばから 桃太郎線 総社行き、発車しまーす!」 といったアナウンスを聞いたら、笑ってしまいそうです。

自分は 愛称募集の時の記事  で、琵琶湖線や大和路線、嵯峨野線といったようにシンプルな名前の方が呼びやすく、利用客に親しまれる。宇野線や吉備線の愛称も こんな感じであってほしい」 と書いていましたが、桃太郎線になるくらいなら、宇野線の愛称 「宇野みなと線」 のように 少し長くても わかりやすい名前の方が良かったかもしれませんね。
(と言っても、思いつく愛称は 「吉備だんご線」 や 「きびだんごライン」 ぐらいなんですが)



岡山駅出入口の愛称は 東口が後楽園口、西口が運動公園口となりました。

金沢駅の東口が兼六園口に、西口が金沢港口になったのと同じように、有名な観光スポットや 地元でよく知られる施設の名前が採用された形です。

まあ、分かりやすくて良いのではないでしょうか?
東口・西口に比べ、長くて言いにくいのは仕方ないですね。



今回決定した愛称は、2016年春から使用開始されます。

※2016年1月29日追記※
2016年3月26日(土)から使用開始されると発表されました。


愛称の活用方法については、
駅や車内に掲出している路線図・停車駅案内や、駅構内の案内表示などの路線名は愛称名のみの表記 とし、岡山駅出入口は当分の間、愛称名と正式名を併記するとのこと。

宇野みなと線は愛称表記だけでも大丈夫そうですが、吉備線の表記がなくなったら 利用客がより一層混乱するような気が・・・。

でもそういえば、琵琶湖線やJR京都線、JR神戸線、大和路線、学研都市線など、近畿エリアで愛称が付いている路線は、正式名が表記されていない場合が多いですよね。
(嵯峨野線が 「嵯峨野(山陰)線」、きのくに線が 「きのくに(紀勢)線」 と表記されているのは よく見かけますが)

JR西としては、「吉備線」 の名を捨て去ってでも、「桃太郎線」 の愛称を 利用客に定着させたいという思惑があるのかなと思いました。



この日は、岡山・福山エリアの主な路線に 路線記号とラインカラーを導入することも発表されました。

長くなるので、続きは次の記事に書きたいと思います。
【JR西日本】 岡山・福山エリアの主な路線に路線記号とラインカラーを導入へ!2016年春から使用開始!

広告