先日(2017年2月13日)、京阪が公式ホームページで、大津線(石山坂本線・京津線) 4駅の駅名を変更する と発表した件。

自分はそれを Yahoo!ニュースで知ったわけですが、その記事タイトルを見て驚きました。

【京阪電車ニュースリリース】
大津線4駅の駅名を変更します。

【Yahoo!ニュース】

大津線の4駅、改称へ 浜大津駅は 「びわ湖浜大津」 に 京阪


広告


浜大津 → びわ湖浜大津

はあああぁぁぁぁぁぁあああ?????

意味が分からない・・・。

「浜大津」 というシンプルかつ琵琶湖畔らしい駅名が良かったのに!

京阪曰く、「びわ湖大津観光の玄関口であることを表現し、一層の観光客誘致を目指すため」 、現・「浜大津」 から変更するとのこと。

駅名に琵琶湖を付けて観光客誘致を目指すという発想がまずあり得ないですし、しかもよりによって、何でひらがなで 「びわ湖」 ?

ネーミングセンスなさすぎというか、あまりにもダサすぎて 怒りがこみ上げてきます。

ひらがなと漢字を組み合わせた駅名の中で 一番酷いと思いますね。


駅名が変更される 他の3駅も見てみましょう。



別所 大津市役所前

この駅のすぐ西側に大津市役所があり、現在も 車内自動放送では「市役所前」 の副名称が付いています。

京阪曰く、「大津市役所前」 という立地のわかりやすい表現により電車利用の促進を図るため、現・「別所」 から変更するとのこと。

確かに分かりやすくて良いと思いますが、2017年現在、「別所」 という地名は 大津市内に存在しないので(別所駅や大津市役所の所在地は 大津市 御陵(ごりょう))、駅名でしか残っていない 「別所」 という名前が消えることになり 少し残念に思いますね。


ちなみに、以前は兵庫県三木市にも 別所駅がありましたが、2008年4月、三木鉄道三木線の廃止によってなくなりました。

なお、同じ兵庫県には 2005年3月に 「ひめじ別所駅」 (JR神戸線)が開業しています。




皇子山(おうじやま) 京阪大津京

大津線27駅の中では最も新しい駅で、1946年に開業。

国鉄(現・JR)湖西線が開通してからは 乗り換え駅となりました。

当初、湖西線の駅は 「西大津」 という駅名でしたが、2008年に3月15日に 「大津京」 に改称されています。

京阪曰く、JR湖西線との乗換利用の促進を図るため 駅名を変更するとのこと。



駅名をJRに合わせることで 乗り換え駅であることが分かりやすくなるのは良いと思います。

しかし、この駅の場合は、そもそも 「大津京」 という名前が歴史学的に不適切であると 研究者などから指摘されてるので (詳しくは、
ウィキペディア 参照)、複雑な気持ちです。

皇子山駅が 「皇子山」 という駅名でなくなれば、皇子山球場や多目的運動広場などがある 皇子山総合運動公園 の最寄り駅であることが分かりにくくなるのではないか と思ったのですが、南隣の別所駅(大津市役所前駅に改称予定)も最寄り駅であり、皇子山陸上競技場や多目的運動広場に至っては 皇子山駅よりも別所駅の方が近いんですね。
(京阪のニュースリリースでも、皇子山総合運動公園のことは 皇子山駅ではなく 別所駅の方に書いてありますし)



坂本 → 坂本比叡山口

石山坂本線の終着駅で、京阪電車最北端の駅です。

西に10分ほど歩いたところに、坂本ケーブルの 「ケーブル坂本駅」 があり、比叡山延暦寺への東側(滋賀県側)のルートとなっています。


京阪曰く、「
比叡山観光の拠点でもあることから、京都側の「八瀬比叡山口」(叡山電鉄)とも対応し、坂本側からの観光客誘致を目指すため」、現・ 「坂本(さかもと)」 から変更するとのこと。

ただ、京阪石山坂本線に乗って坂本駅で降り 比叡山延暦寺へ向かう観光客ってあまりいないような気がするんですよね・・・。

というのも、東に15分ほど歩いたところに、湖西線の比叡山坂本駅 があり、大津市外から来る観光客の多くは そちらを利用すると思うのです。

そのため、京都側の 「八瀬比叡山口」 に合わせる必要性をあまり感じません。

それに、
現在は 「坂本」 というシンプルな駅名なので JRの長い駅名と区別がしやすいのですが、比叡山坂本駅坂本比叡山口駅 ・・・ 紛らわしいです!



今回の駅名変更後、京阪大津線で見られる行き先は・・・

石山坂本線・・・石山寺、近江神宮前、坂本比叡山口
京津線・・・京都市役所前、太秦天神川、びわ湖浜大津
 

石山寺以外 全て5文字以上、半数が6文字と、長い駅名だらけになりますね。


そもそも、なぜ今になって 4駅の駅名を変更するに至ったのか・・・

京阪のニュースリリースの冒頭に こんなことが書いてありました。



京阪電気鉄道株式会社(本社:大阪市中央区、社長:加藤好文)では、大津市が策定を進めている第2期観光交流基本計画(平成29年度~)の中心的な考え方である「オンリーワンのびわ湖を活用した地域の活性化」に賛同し、びわ湖、比叡山などを訪れる観光のお客さまのよりスムーズなご移動や、沿線のお客さまの乗換利用促進を目的として、平成30年3月より、大津市内の4駅の駅名を変更します。


また、京都新聞 の報道によると、看板の変更など総事業費は6000万円で、このうち大津市が1500万円を負担。

越直美・大津市長は 「
琵琶湖や比叡山の名称の露出が増え観光振興につながる。市にとって重要な交通ネットワーク軸で、駅名変更を機に利用者が増え活性化してほしい」 と話しているそうです。


なるほどね・・・大津市の要望だったわけですか。
(そうでなければ、大津市が駅名変更に伴う費用を一部負担するはずがありませんよね)

しかし、大津市民の多くが今回の駅名変更を望んでいたのか、疑問です。

大津市長選で 「駅名を変えてほしいから」 越さんに投票した人なんて ほとんどいないでしょう。

本当に 余計な事をしてくれたなと思います。


4駅の駅名が変更されるのは、2018年3月。 今から1年後の予定です。


以下余談。

2017年2月現在、京阪線(京阪本線・鴨東線・宇治線・交野線・中之島線) と 大津線 は同じ京阪が運営する路線であるにも関わらず 駅名標のデザインが異なっています。

今回のニュースリリースでは、変更後の駅名標のイメージが 京阪線と同じデザインになっていました。

今後、駅名の変更に合わせて 大津線各駅の駅名標が京阪線仕様のものに取り替えられるのでしょうね。


※この記事を読んで不愉快に思われた方がいたら すみません。
このブログで関西私鉄の話題を取り上げることはあまりないのですが、「びわ湖浜大津」 という駅名がどうしても許せなかったので、書かずには居られませんでした。

広告