東海道線 静岡地区 新・発車標イメージ
※上の画像はJR東海 ニュースリリース (PDF)より引用。


東海道線 静岡地区では 運行管理システムの更新に伴い、乗車位置表示が追加されたり、遅れ表示の色がオレンジからに変わったりと、電光掲示板(発車標)の表示が変更される予定です。

前回の記事 では、2017年10月に静岡駅と沼津駅で撮影したサンライズ瀬戸・出雲  高松・出雲市行き の表示を紹介しました。


今回紹介するのは、富士駅 で撮影した サンライズの表示です。

秋の乗り放題パス」の利用期間が10月22日で終わってしまったので、通常ならば、12月10日から始まる青春18きっぷシーズンまで待って撮りに行くところですが、表示が変更される前に どうしても撮っておきたかったので、11月11日に 「JR東海&16私鉄 乗り鉄☆たびきっぷ」を使って撮りに行ってきました。

自分が富士駅に到着したのは、22時30分頃。
下りのサンライズ瀬戸・出雲の発車時刻(23時54分)まで 1時間以上あります。

改札内コンコースでサンライズの表示が出るのをしばらく待っていると、駅員さんのアナウンスが流れてきました。


CIMG6193
なんと、22時42分頃 東海道線 由比~興津駅間で落石の通報があり、その確認のため、運転を見合わせているというのです!

うわあああああぁぁぁぁぁ!!!!!

よりによって、この日の この時間に・・・。 運悪すぎです。
もし線路に被害が発生していた場合、状況によっては復旧作業が長引いて、運転再開が朝以降になってしまうかもしれません。

運転見合わせが告知されると、東海道線の電光掲示板に発車案内が表示されなくなりました。
もしサンライズの表示を撮ることができなければ、ここに来た意味がなくなってしまいます。
非常に不安になりました。

23時5分に現地に係員が到着し、点検作業が始まりましたが、由比~興津駅間を徒歩で点検する上、この時間帯は係員が少ないとのこと。
点検作業だけでも相当な時間がかかることが予想されました。


待っても待っても運転再開の見込みが立たず、ついにサンライズの発車時刻(23時54分)を過ぎても 表示が出ませんでした。

ここで、一旦改札を出て 駅近くのホテルへ。
自分が予約したホテルは、24時までにチェックインを済ませないとキャンセル扱いとなり、ホテルに入れなくなってしまうのです。

チェックイン後に富士駅に戻ると、まだ運転見合わせ中。
改札を入って、運転再開をひたすら待ち続けました。

そして、落石の通報があってから2時間近く経った深夜0時半頃、東海道線の上り線の点検がついに完了し、上り電車(沼津方面)のみ 徐行で運転再開するとのアナウンスが!

すると、改札口の電光掲示板に・・・



CIMG6196
CIMG6203-1
おおお~!!!

普通 三島行きの発車案内が表示され、右端に 「おくれ約1時間20分」 表示が出たのです!
滅多に見られない 1時間以上の遅れ表示を見ることができて、ちょっと感動。

JR西日本の京阪神地区(琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線など)の場合、1時間以上の遅れ表示は 「遅れ約60分」 「遅れ約70分」 というように表示されるのですが、「おくれ約1時間○分」の方が分かりやすいですね。


CIMG6210
CIMG6202-1
英語表示は、「Delayed about 1h. 20min.」 となっていました。
表示される文字が太いです。

おそらく、袋井駅清水駅 と同じではないかと思います。


CIMG6247
CIMG6245
ホームに設置されている電光掲示板にも、「おくれ約1時間20分」 表示が出ていました!

改札口の電光掲示板は 表示部分が縦24ドットでしたが、ホームのものは縦16ドットと 一回り小さくなっています。
そのため、表示される文字が細いです。


CIMG6242-1
CIMG6243-1
遅れ表示を拡大して撮影し、トリミングしたものがこちら。
よく見ると、「1時間」 ではなく 「1時問」 と表示されています。


CIMG6285
CIMG6284
しばらくすると、表示が 「おくれ約1時間30分」 に変わりました。

基本的に、東海道線 静岡地区の遅れ表示は、5分、10分、15分、20分、25分・・・と 5分単位で表示されますが、1時間以上の場合は10分単位で表示されるようです。


富士駅 おくれ1時間30分表示
遅れ表示を拡大して撮影し、トリミングすると こんな感じ。


CIMG6280-1
CIMG6279-1
ホームの遅れ表示も撮影。


CIMG6288-1
深夜1時近くになって、やっと三島行きの電車が到着しました。


CIMG6299
CIMG6300
三島行きの発車後、改札口の電光掲示板に 沼津行き2本の発車案内が表示されました。
こちらも大幅に遅れています。

時刻はついに、深夜1時を過ぎました。

すると、電光掲示板の一番下の段に、「本日の東海道線身延線営業は終了しました。」 とのスクロール表示が!
この駅では、深夜1時になると 自動でこのスクロール表示が流れるようになっているようです。


しばらくして、ようやく下り列車も運転を再開し、富士駅で足止めされていた 普通 静岡行きの終電が発車していきました。

すると・・・




CIMG6357-1
CIMG6386
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
東海道線下りの電光掲示板に サンライズ瀬戸・出雲  高松・出雲市行きの表示が出ました!

行き先表示のフォントは、日本語・英語共に 静岡駅の表示と同じで、種別表示は 寝台特急のシンボルマーク(流れ星)入りです。

富士駅以西の運転を見合わせている間、サンライズは沼津駅で足止めされていました。
電光掲示板には 「おくれ約1時間20分」 表示が出ています。


CIMG6314-1
CIMG6313-1
ホームの電光掲示板です。

東海道線 静岡地区のサンライズ停車駅のうち、ホームに縦16ドットの電光掲示板が設置されているのは 富士と沼津の2駅だけ。
しかも、富士駅と沼津駅とで 行き先表示のフォントが異なります。

そのため、この 「高松・出雲市行き」 の表示は、富士駅でしか見ることができません。

Takamatsu・Izumoshi」 の表示が窮屈ですね。


CIMG6307
CIMG6302
サンライズの発車案内が上の段に表示されている間、下の段には サンライズ瀬戸号が琴平まで延長運転される場合があることを知らせる スクロール表示が流れ続けていました。


CIMG6349-1
CIMG6355-1
サンライズの種別表示を拡大して撮影。


CIMG6344
CIMG6334
今度は、高松・出雲市行きと おくれ1時間20分表示を拡大して撮影。


CIMG6371
CIMG6370
サンライズの表示を撮っている間に、沼津行き2本の遅れが拡大し、「おくれ約1時間40分」 表示が出ていました!


CIMG6371-1
CIMG6370-1
先ほどの写真の表示部分を拡大してみました。


CIMG6380-1
CIMG6382-1
ホームの表示は こんな感じ。


CIMG6395
CIMG6397
接近放送が流れたので、急いで5番線へ。
列車が来ます。ご注意下さい。」 表示を撮影。


接近放送は、なんと 駅員放送が全く被らず、フルで流れました!

この列車は、静岡、浜松、姫路の順に停車します

うわあああああぁぁぁぁぁ!!!!!

録音すればよかった!

電光掲示板の撮影に夢中で、放送の録音のことをすっかり忘れてました。

運行管理システムの更新で ホームで流れる自動放送も変わるので、更新前の放送を録音するのは 今回が最初で最後の機会でした。
千載一遇のチャンスを逃し、大ショック・・・。


CIMG6399
到着したサンライズ瀬戸の方向幕を撮影。 琴平まで延長運転される列車でした。

にも関わらず、電光掲示板の行き先表示が 「高松・出雲市」 だったということは、この駅では 琴平・出雲市行きの表示が存在しない と言えそうですね。

改札を出て ホテルに戻った時には、既に1時半を過ぎていました。
次の日は 朝4時半にホテルを出て、サンライズの東京行きの表示を撮らなければなりません。

こんな遅い時間に寝ると、寝坊してしまうかもしれないので、朝4時半まで
一睡もしませんでした。(人生初の徹夜です)

ホテルを出て、さっそく駅へ向かうと・・・




CIMG6421
CIMG6427
改札口の電光掲示板に、サンライズ瀬戸・出雲  東京行き の表示が出ていました!

静岡駅では サンライズの東京行きの表示を撮っていませんが、おそらく 富士駅と同じではないかと思います。


CIMG6409
CIMG6442
CIMG6407
サンライズ瀬戸号は、琴平まで延長運転する場合があります。延長運転日は駅係員にお尋ねください。

東京行きの時にも このスクロール表示が流れ続けるとは予想外でした。


CIMG6490
CIMG6491
ホームに設置されている電光掲示板の表示は、こんな感じ。
このフォントの東京行きの表示は、富士駅でしか見ることができません。


CIMG6515
CIMG6521
しばらくすると、電光掲示板に遅れ表示が出ました。 5分遅れで運転しているようです。


CIMG6508
CIMG6509
ホームの電光掲示板の遅れ表示も撮影。


CIMG5163
CIMG5162
ちなみに、過去記事 「東海道線 静岡地区で遅れ表示を撮る  」 で紹介した、六合駅 の遅れ表示がこちら。
この駅は、行き先表示のフォントが 富士駅のホームに設置されている電光掲示板と同じですが・・・


六合駅・富士駅 遅れ表示
六合駅と富士駅の表示を拡大して比較してみると、このように 大きく異なっているのが分かりますね。

以上、富士駅で撮った サンライズの表示と遅れ表示を紹介しました。
落石の通報があって運転見合わせと知った時は、自分の運のなさを嘆きましたが、結果的に 1時間以上の遅れ表示を撮ることが出来てラッキーでした。


反省点は、ホームの電光掲示板の写真が暗すぎた ということです。
沼津駅のホームの電光掲示板 をシャッター速度 1/80秒で撮っていたので、今回も同じ速度で撮りましたが、沼津駅に比べてホームが暗かったためか、点灯していないドットが真っ暗で見えないんですよね。

自分は今まで、点灯しているドットがはっきり分かれば満足していましたが、どのドットが点灯していて どのドットが点灯していないか分かるのが大事だということに最近になって気づきました。

シャッター速度を もっと遅くして撮ればよかったなぁ・・・。
次回から 夜の時間帯に撮る時、気をつけたいと思います。


あと、ホームの 「おくれ約1時間10分」 表示を撮り損ねたことも悔やまれます。
(撮ったと思い込んで撮らなかったのか、あとで撮ろうと思っていたら 表示が 「おくれ約1時間20分」 に変わってしまったのか・・・)

富士駅でサンライズの表示を撮った後、普通 静岡行きに乗って 清水駅へ向かいました。
そこで何を撮ったかについては、後日書きたいと思います。


【関連記事】
東海道線 静岡地区 ホームの電光掲示板(発車標) 【Part1】 浜松~焼津
東海道線 静岡地区 ホームの電光掲示板(発車標) 【Part2】 静岡~三島

広告