Aシート ロゴマーク
新快速 Aシートのイメージ図(JR西日本 ニュースリリースより)
※上の図は、JR西日本 ニュースリリース より引用。


JR神戸線・JR京都線・琵琶湖線では、2019年3月16日のダイヤ改正から、一部の新快速に 有料座席サービス 「Aシート」 が導入されました。

このAシートは、席で乗務員から乗車整理券を購入する という方式となっており、あいている席に自由に座ることができます。

着席料金は500円(別途、乗車券、定期券、回数券などが必要)。
支払いは現金だけでなく、ICOCAなどの交通系ICカードにも対応しています。

Aシートの運行区間は 姫路(一部は網干)~野洲駅間で、1日に2往復します。






前回の記事では、大阪駅で撮影した Aシートの表示を紹介しましたが、今回は 新大阪駅で撮影したAシート表示をご紹介。

※撮影日が3月16日、3月17日、3月30日とバラバラですが、まとめて紹介したいと思います。


★前回の記事★



広告


CIMG3587
CIMG3588
まずは、東口に設置されている発車標から。 
9時50分発の新快速 野洲行きにAシートが付いているのですが、発車標にAシートの表示は出ていません。


CIMG2578 (2)
CIMG2577 (2)
5・6番のりばの階段前に設置されている 液晶ディスプレイ発車標。
こちらは、遅れ欄に 「A-SEAT」 と表示されていました!


CIMG3602 (2)
CIMG3601 (2)
ホームに設置されている発車標です。
乗車位置欄と遅れ欄に Aシートの表示が出ています。


CIMG2596
CIMG2594
乗車位置表示を拡大して撮影。
日本語表示の時は 「△1~3, 5~12」、英語表示の時は 「△4は有料座席」 と表示されます。


CIMG2582
CIMG2585
遅れ欄には 「△4は有料座席 A-SEAT」 と表示されます。


CIMG3632 (2)
Aシートの乗車位置ステッカーを撮影。


CIMG3610 (2)
CIMG3618 (2)
発車標の一番下の段に、Aシートの案内がスクロール表示されます。

「A-SEAT」 の文字が ロゴマークに似せた独特なフォントで表示されています。


BlogPaint
BlogPaint
隣のホーム 4番のりばから Aシート車両を撮影。

通常の新快速の車両と異なり、車体側面に青色の帯が入っています。
側面だけ見ると 北陸本線の普通電車・521系に似ていますね。

新快速の車両は通常 3ドア(片側にドアが3ヶ所)ですが、Aシートの車両は 真ん中のドアがないので、乗車位置に注意が必要です。


BlogPaint
車両側面には Aシートのロゴマークが描かれています。


以上、新大阪駅で撮影した Aシートの表示を紹介しました。
今回、姫路・網干行きのAシート表示は撮影できなかったので、今後撮ってみたいですね。


広告