先月(2019年3月)16日に開業した おおさか東線のJR淡路駅

その乗換駅である阪急淡路駅は、現在 高架化工事が進められています。
(2024年度末に高架切替予定)

今回、JR淡路駅のホームから 阪急淡路駅の高架化工事の様子を撮影したので、このブログで紹介しておきたいと思います。


★前回の記事★



広告


CIMG0268
CIMG0271
まずは、2番のりば(放出・久宝寺方面ホーム)の北端から撮影した写真をご紹介。

おおさか東線と阪急京都線・千里線は JR淡路駅の北西(南吹田側)で立体交差しており、2019年現在は 阪急京都線・千里線が おおさか東線の下を通っています。

阪急京都線の線路の向こうに、建設中の新しい高架が見えますね。


CIMG0269
真横に目をやると、ここにも新しい高架が!

先ほどの高架は千里線で、こちらが京都線です。
阪急京都線の高架は、JR淡路駅のホームを跨ぐことになります。


CIMG0276
CIMG0274
2番のりばから南西(阪急淡路駅方向)を撮影。
こちらも、新しい高架や橋脚の工事が進んでいます。


CIMG0282
隣のホーム・1番のりば(新大阪方面ホーム)へ移動し、阪急淡路駅側を撮影。


CIMG0283
ホーム北端のすぐ先で、阪急京都線の高架の橋脚が建てられていました。


CIMG0285
CIMG0288
最後に、1番のりばから反対側を撮影。


以上、JR淡路駅から撮影した 阪急淡路駅の工事の様子を紹介しました。

現在建設中の高架は2層構造。
梅田・天下茶屋方面の電車が上を、河原町・北千里方面の電車が下を走る予定です。

おおさか東線の築堤を跨ぐため、高架は相当な高さになることが予想されます。

今後が気になるところですね。


【関連記事】
阪急淡路駅の高架化工事、事業期間を7年延長へ。高架切替は2024年度末、全体完成は2027年度末に・・・

広告