2019年3月16日のダイヤ改正で、おおさか東線 放出~新大阪駅間が開業しました。

これに伴い、直通快速の運行区間が 尼崎~奈良駅間から 新大阪~奈良駅間に変更されたほか、新たに 高井田中央駅JR河内永和駅 に 直通快速が停車するようになっています。

今回、2019年3月30日に 高井田中央駅を訪れ、発車標の 「直通快速 奈良行き」 の表示を撮影したので、このブログで紹介したいと思います。


★前回の記事★



広告


CIMG9491 (2)
まずは、2番のりばの発車標から。
この駅のホームには、快速通過駅でよく見かける 2段表示の小さい発車標が設置されています。

種別欄が2文字分しかないため、直通快速は 「直快」 と略して表示されています。


CIMG9492 (2)
英語表示は こんな感じ。


CIMG9488 (2)
行き先欄には、行き先と乗車位置が交互に表示されます。

これまでは6両編成の普通電車(201系)しか停車しませんでしたが、今回のダイヤ改正で 7両編成の直通快速(207系・321系)も停車するようになりました。

そのため、普通電車の乗車位置番号が変更(○1~6→○2~7されています。


CIMG9495-1
CIMG9496-1
続いて、改札口に設置されている発車標をご紹介。 ホームのものと違って 3段表示になっています。

種別欄の横幅が3文字分あるため、略さずに 「直通快速」 と表示されていました。


CIMG9503 (2)
CIMG9504 (2)
ホームへ戻ると、ちょうど直通快速が入線するところでした。

発車標の ☆電車がまいります☆  ☆電車がまいります☆ 表示を撮影。


CIMG9510 (2)
次に来る電車が今どこにいるのかを示す在線位置表示は、ダイヤ改正後も 隣の放出駅からしか表示されません。

これまでと同様、次の電車が放出駅を発車してから 発車標に表示されます。


以上、高井田中央駅で撮影した 「直通快速 奈良行き」 の表示を紹介しました。


広告