前回の記事で、播州赤穂駅のホーム・改札口に設置されている電光掲示板を紹介しました。

そのついでに、ホームに設置されている駅名標も撮影したので、簡単に紹介しておきたいと思います。


★前回の記事★



IMG_5466
まずは、2番のりばの駅名標から。

この駅では、帯の色が青色の駅名標が設置されています。

青色は 赤穂線(相生~播州赤穂)のほか、北陸本線(敦賀~長浜)、琵琶湖線、JR京都線、JR神戸線、山陽本線(姫路~上郡)のラインカラーです。


IMG_5469
先ほどの駅名標の反対側、3番のりばの駅名標です。


IMG_5474
ひらがな駅名標を撮影。


JR西日本 京阪神地区の多くの駅では、2018年3月に 「駅ナンバー」 が導入されました。

駅ナンバーの導入路線では ひらがな駅名標に 駅ナンバーが入るのですが、播州赤穂駅は 駅ナンバーが導入されていないため、従来のタイプの駅名標が設置されています。




IMG_5478
IMG_5477
屋根のないところにある駅名標は、こんな感じ。


IMG_5471-1
ホームに掲示されている路線図を撮影。

赤穂線の播州赤穂~東岡山駅間では、2016年に 赤色の新しいラインカラーが設定されました。

しかし、この路線図では 変更前のラインカラー(黄色)で表示されています。


以上、播州赤穂駅の駅名標を紹介しました。

 

広告