伯備線では、2022年3月12日のダイヤ改正で 備中高梁4:54発の普通 「倉敷行き」 が運転取り止めとなりました。

この列車は 伯備線で唯一の倉敷止まりであり、岡山方面へ行くには 倉敷駅で山陽線の電車に乗り換える必要があったんですよね。


今回、ダイヤ改正の6日前(2022年3月6日)に 備中高梁駅を訪れ、そんな倉敷行きを撮影してきました。


★過去記事★



広告


IMG_6233
朝4時15分頃に 備中高梁駅を訪れました。

改札口に設置されている発車標には、まだ何も表示されていません。


しばらく待っていると・・・




IMG_6237
IMG_6243
改札口の発車標に、倉敷行きの表示が出ました!

米子方面の発車標には、同じく2022年3月のダイヤ改正で消えた 普通 「西出雲行き」 が表示されています。


IMG_6288
IMG_6260
改札口に設置されている発車標を拡大して撮影。

総社駅の発車標では 行き先表示が左寄せになっていましたが、備中高梁駅では中央寄せになっています。

表示される文字のフォントは、総社駅の発車標と同じです。





IMG_6285
IMG_6254
英語表示は、こんな感じ。


IMG_6368
IMG_6369
1・2番のりばに設置されている発車標です。

ダイヤ改正後は、5時29分に発車する岡山行きが 伯備線の始発列車となっています。


IMG_6334
2番のりばに停車中の普通 「倉敷行き」 を撮影。

2両編成の115系です。


IMG_6330
車両前面の行き先表示を拡大して撮影。


IMG_6341
しゃがんで撮ると、こんな感じ。


IMG_6328
車両側面の行き先表示です。


IMG_6347
今度は、車両を後ろから撮影。

こちらは、103系のような のっぺりした顔になっています。


IMG_6359
行き先表示を拡大して撮ってみました。


IMG_6355
しゃがんで撮ると、こんな感じ。

その後、倉敷行きは 乗客2人を乗せて発車していきました。


以上、備中高梁駅で撮影した普通 「倉敷行き」 を紹介しました。


★関連記事★




広告