IMG_2290-1
※上の写真は三原駅で撮影。


JR西日本の広島地区では、2020年10月3日から 新しい観光列車 「etSETOra」 (以下:エトセトラ)が運行を開始しました。

往路は 広島駅から呉線を経由して尾道駅まで運行されますが、復路は尾道駅から山陽線 西条駅を経由し、広島駅を越えて宮島口駅まで運行されます。

JR西日本で宮島口行きが出現するのは、2012年1月7日から2013年1月14日まで運転された 「清盛マリンビュー」 以来でしょうか?


このブログでは、これまでに 尾道・三原・広島の3駅で撮影した エトセトラ 宮島口行きの表示を紹介しましたが、各駅の発車標の表示を比較しやすいよう、1つの記事にまとめてみました。



広告


IMG_2126
IMG_2129
まずは、尾道駅の南口改札に設置されている発車標から見ていきます。

この駅の発車標は ホーム・改札口共に小型となっており、列車名欄がありません。

Miyajimaguchi」 の文字が小さいです。


IMG_2211
IMG_2214
ホームの発車標は、こんな感じ。


IMG_2209
行き先欄には通常、行き先(日本語・英語)と乗車位置が交互に表示されますが、エトセトラの場合は 乗車位置が表示されませんでした。





IMG_2050-3
IMG_2051-3
続いては 三原駅です。

この駅の発車標には列車名欄がありますが、そこに 「etSETOra」 と表示されることはありませんでした。

Miyajimaguchi」 の文字は、尾道駅の表示に比べ 大きくて見やすいです。


IMG_2263
IMG_2258
ホームの発車標は、こんな感じ。


IMG_2266
列車名欄に列車名が表示されないためか、「次の列車は、快速etSETOraです。」 とスクロール表示が流れます。


IMG_2245
IMG_2267
停車駅案内のスクロール表示は、2種類あります。





IMG_2342
IMG_2341
続いて、広島駅の表示を見ていきます。

シティライナーと誤認されるのを防ぐためか、狭い乗車位置欄に半角カタカナで 「エトセトラ」 と表示されていました。

Miyajimaguchi」 の文字は、三原駅の表示に比べてカクカク・ガタガタしている印象です。


IMG_2454
IMG_2456
IMG_2459
IMG_2460-1
改札内の連絡跨線橋にある発車標を撮影。

こちらは 両数と列車名が交互に表示されますが、エトセトラの場合は両数が表示されませんでした。

ホームの発車標と異なり、英語表示の時は 列車名欄に 「etSETOra」 と表示されます。






エトセトラ 日本語表示
最後に、尾道・三原・広島の3駅で撮影した宮島口行きの表示を、比較しやすいように並べてみました。
(表示は上から順に、尾道・三原・広島です)

日本語表示はパッと見 違いが分かりにくかったですが、こうやって並べてみると 点灯しているドットの数や位置が異なるのが分かります。


エトセトラ 英語表示
英語表示の比較です。 こちらは違いが分かりやすいですね。

尾道・広島の2駅と 三原駅とで 「g」 の書体が違うところにも注目。



以上、尾道・三原・広島の3駅の表示を紹介しました。

ちなみに、宮島口行きのエトセトラは 西条駅にも停車しますが、発車標に表示される文字のフォントなどは三原駅と同じです。

今後、西条駅でも エトセトラの表示を撮影したいと思います。


広告