和歌山線では、2014年度の路線記号導入に伴い、新しいラインカラーが設定されました。

これに伴い、和歌山線の各駅では駅名標が更新され、帯の色が JR西日本のコーポレートカラーである青色から桃色(薄いピンク)に変更されています。

昨年(2019年)1月に 五条駅と橋本駅を訪れた際に 新しいラインカラーの駅名標を撮影したので、このブログで紹介しておきたいと思います。

※今から1年半前のネタですが、まだ公開していなかったので 今回記事にしてみました。




広告


CIMG3977-1
五条駅
こちらは、1番のりばの駅名標です。 手が届く位置に取り付けられています。

日中の時間帯、電車は 和歌山方面・高田方面共に 1番のりばから発車します。
そのため、駅名標には両方向に矢印が付いています。


BlogPaint
屋根のないところにある駅名標も撮影。


CIMG3970
2・3番のりばに設置されている ひらがな駅名標です。

和歌山線では、「駅ナンバー」 が導入されていません。




2・3番のりばにある、上から吊るされたタイプの駅名標は未撮影です。
(今後訪れたら撮影したいと思います)


CIMG3871
CIMG5446
橋本駅
まずは、1番のりばの屋根の無いところにある駅名標から。

五条駅の駅名標は横長でしたが、ここでは 正方形に近い形になっています。


CIMG3808-1
今回訪れた時、上から吊るされたタイプの駅名標は まだ更新されていませんでした。


CIMG5464
CIMG5466
2・3番のりばには 上から吊るされたタイプの駅名標がなく、屋根のあるところにも このタイプの駅名標が設置されていました。
(写真は上が2番のりば、下が3番のりばの駅名標です)

今回訪れた時、ひらがな駅名標は設置されていませんでした。


以上、五条駅と橋本駅の駅名標を紹介しました。




広告