八本松行き(広島~三原)

山陽本線では、2018年7月6日に発生した西日本豪雨によって 広範囲で被災しました。

広島地区(糸崎~岩国)では、特に 三原~白市駅間と 八本松~瀬野駅間での被害が大きく、両区間の復旧に2ヶ月以上を要しています。


白市~八本松駅間は 被害が小さかったものの、被害の大きい両区間に挟まれ なかなか運転再開できずにいたんですよね。

そこで、これまで折り返しができなかった八本松駅に仮設ホームを設置し、8月21日から9月8日まで 暫定的な部分運転が実施されました。
(9月9日に 八本松~瀬野駅間の運転を再開)


今回、2018年9月に八本松駅を訪れ、仮設ホームの様子を撮影しました。

このブログで紹介しておきたいと思います。


★前回の記事★



広告


八本松駅で折り返し運転ができるようにするために仮設ホームを設置する」 とはどういうことなのか、図を描いて説明します。


八本松駅 ホーム

この駅は、上り線と下り線の間に ホームのない中線があります。

西条方面へ折り返すには 下り線から上り線へと転線する必要があるのですが、通常の状態では 折り返し運転ができません。


八本松駅 仮設ホーム

そこで、上り線の上に 仮設ホームを3両分設置したのです。

これにより、中線を使って折り返し運転ができるようになりました。


CIMG8112-1
八本松駅に到着後、まずは 折り返し 白市行きとなる電車を撮影。


CIMG8122
このように、上り線の上に 仮設ホームが設置されていました。


CIMG8126
CIMG8155
1番のりばのホームと 仮設ホームの間には段差があります。


CIMG8124
仮設ホームの西端には スロープが設けられていました。


CIMG8128
2番のりばは このように閉鎖されていました。


CIMG8137
改札口の様子です。

発車標は、ホーム・改札口共に設置されていませんでした。


CIMG8141
ICOCA定期券を持っていて 東広島駅から新幹線を利用する場合は、自動改札機にタッチせずに 左端の係員通路を利用するよう 案内がされていました。

例えば、八本松~広島のICOCA定期券を自動改札機にタッチして 西条~八本松を利用すると、その区間の運賃がチャージから引かれてしまうのです。


CIMG8149
CIMG8152-1
仮設ホームに戻り、今度は前の方から撮影。


CIMG8147-1
仮設ホームに停車中の白市行きを撮影。

この電車に乗って、終点の白市駅へ向かいました。


CIMG8157
CIMG8161
227系の車内では トイレが使用停止になっており、駅のトイレを利用するよう 案内されていました。

おそらく、白市~八本松駅間で 車内トイレの処理ができないためでしょう。


以上、八本松駅の仮設ホームを紹介しました。

 

広告