CIMG2105-1
※城崎温泉駅に停車中の特急はまかぜ(2019年4月撮影)


JR西日本が、2021年3月13日に実施するダイヤ改正。

関西の特急関係では、「らくラクはりま」 の大久保駅停車や、「はるか」 「びわこエクスプレス」 の南草津駅停車などが話題になっています。


しかし、ダイヤ改正とは別のニュースリリースに、気になることが書いてありました。

特急 「はまかぜ」 と 「びわこエクスプレス」 が全車指定席となるのです。


【JR西日本 ニュースリリース(PDF)】
「e5489チケットレスサービス」(在来線)の拡充および特急列車指定席の拡大について

★前回の記事★



広告


特急はまかぜは3両編成で運転されていますが、これまでは そのうちの1両 または2両が自由席でした。

※鳥取駅発着となる はまかぜ2号・5号は、1号車と2号車が自由席。 それ以外の列車は1号車のみ自由席。


びわこエクスプレスは、米原駅発着となる1号・4号(9両編成)と、大阪発 草津行きの2号(3両編成)があります。

前者は 5~7号車が自由席、後者は1号車と2号車が自由席だったんですよね。


今回のダイヤ改正で、特急はまかぜ と びわこエクスプレスの自由席が全て指定席に変更されるのです。


BlogPaint
※大阪駅に停車中の特急 びわこエクスプレス2号 草津行き。
米原発着の列車は 特急サンダーバードの車両で運転されますが、こちらは 特急はまかぜの車両で運転されます。



関西では、JR神戸線の通勤特急 「らくラクはりま」 が 2020年7月6日から全車指定席で運行されています。

同じ通勤特急である びわこエクスプレスが全車指定席になるのは予想していましたが、まさか はまかぜも全車指定席になるとは思いもしませんでした。


このほかにも、特急 「こうのとり」 や 「きのさき」、「はるか」 などで 指定席車両が拡大します。


こうのとり

7両編成・・・ 3、6、7号車を指定席に変更。自由席は 4、5号車。

4両編成・・・3号車を指定席に変更。自由席は 4号車のみに。

3両編成・・・変更なし。



きのさき・はしだて・まいづる
※両数は京都~綾部駅間(併結運転時)のものを記載。

7両編成・・・3号車を指定席に変更。自由席は 4号車 または 4、5号車。

4両編成・・・3号車を指定席に変更。自由席は 4号車のみに。
(変更のない列車もある)



はるか

6両編成・・・4号車を指定席に変更。自由席は 5、6号車。

9両編成 ・・・4、7~9号車を指定席に変更。自由席は 5、6号車。



特急列車の全車指定席化・自由席廃止の傾向は JR東日本で顕著になっていますが、JR西日本もこれに追従し始めたように見えます。

「特急に乗るときは絶対に指定席」 という人にとっては朗報でしょう。

しかし、「座れなくても良いから、空いている席に自由に座りたい。指定席よりも少しでも安く移動したい」 という人も少なからずいるのではないかと思います。

自分も後者の1人なので、今後 自由席の縮小・廃止が加速しないか 心配になりますね・・・。





広告