CIMG7684-1
※上の写真は上郡駅で撮影。


京都~鳥取・倉吉を結ぶ特急 「スーパーはくと」。

下りは 通常だと鳥取行きか倉吉行きなのですが、2018年7月14日~17日の4日間は 「智頭行き」 として運転されていました。

因美線が西日本豪雨で土砂流入の被害を受けたため、スーパーはくとが 智頭駅で京都方面へ折り返したのです。
※一部の列車は 全区間で運転取り止め。

鳥取~用瀬(もちがせ)駅間は7月9日に、用瀬~智頭駅間は7月18日に運転を再開しています。


今回は、姫路駅で撮影した特急スーパーはくと 「智頭行き」 をご紹介。


★前回までの記事★





広告


CIMG7728-1
まずは、東改札口の様子をご紹介。


CIMG7719-1
CIMG7721-1
東改札口の発車標を撮影。

一番下の段に 特急スーパーはくと 智頭行きの表示が出ていました。


CIMG7736-1
西明石で快速に変わる普通電車の場合、列車名欄に時々 「西明石から快速」 と表示されます。


CIMG7769-1
CIMG7768-1
改札内コンコースにある発車標を撮影。


CIMG7772-2
CIMG7775-2
7・8番のりばの発車標です。


CIMG7781-2
CIMG7780-2
普通 網干行きが入線してきました。

「電車がまいります」 表示を撮影。

智頭行きが入線した時の 「列車がまいります」 表示は、なぜか撮っていませんでした。


CIMG7791-2
7番のりばに到着した 特急スーパーはくと 智頭行きを撮影。

前面に貫通扉のある車両でした。

このタイプのスーパーはくとは、あまり見たことがないんですよね・・・。


CIMG7168-1
※上の写真は京都駅で撮影。

スーパーはくとの車両といえば、こちらの印象が強いです。


以上、姫路駅で撮影した特急スーパーはくと 「智頭行き」 を紹介しました。

 

広告