IMG_4981-1

大阪~香住・浜坂・鳥取を 播但線経由で結ぶ特急 「はまかぜ」。

2023年3月18日のダイヤ改正で、はまかぜ1号(現行は浜坂行き)は 運転時刻を1時間50分繰り上げた上で、運転区間を鳥取まで延長します。
※逆に、現行の はまかぜ5号 鳥取行きは 豊岡止まりとなります。

これにより、特急はまかぜの 「浜坂行き」 が姿を消すことになります。


今回は、2022年9月に姫路駅で撮影した特急はまかぜ 「浜坂行き」 をご紹介。





広告


IMG_4876
IMG_4877
まずは、播但線・姫新線の 「のりかえ改札」(中間改札)にある発車標から。

特急はまかぜ1号 浜坂行きは 10時44分に発車しますが、この発車標には表示されていません。

香住・浜坂方面へ向かう特急はまかぜは、播但線ホームではなく 山陽線下りホームである7番のりばから発車します。


IMG_4881
IMG_4882
7・8番のりばへ続く階段・エスカレーターの前にある発車標です。

はまかぜ1号は、こちらに表示されていました。


IMG_4896-2
8番のりばに、特急 「スーパーはくと」 倉吉行きが到着したので、ついでに撮影。

姫路~鳥取駅間の所要時間は、智頭急行線を経由するスーパーはくと3号が1時間36分(姫路10:22発 鳥取11:58着)なのに対し、播但線経由の特急はまかぜ5号は3時間10分(姫路19:21発 鳥取22:31着)もかかります。


IMG_4900
IMG_4902
7・8番のりばの発車標に、特急はまかぜ1号 浜坂行きの表示が出ました。


IMG_4932
IMG_4935
続いて、中央改札口に設置されている発車標をご紹介。

こちらも、播但線の発車標に 特急はまかぜ1号 浜坂行きの表示が出ていません。


IMG_4917-1
IMG_4915-1
はまかぜ1号は、播但線ではなく 山陽線下りの発車標に表示されていました。

何だかおかしいような気がしますが、はまかぜ1号の利用客が誤って播但線ホームへ行ってしまうのを防ぐためでしょうか?


IMG_4961-1
7番のりばに、特急はまかぜ1号 浜坂行きが到着しました。

まずは、隣のホーム 6番のりばから撮影。

特急はまかぜは、この駅で進行方向が逆になります。


IMG_4970-1
7番のりばへ移動し、車両を後ろから撮影。


IMG_4976-1
車両側面のLED表示です。

列車名は、「特急はまかぜ」 とスクロール表示されます。


IMG_4987-1
今度は、前から撮影。


IMG_4993-1
IMG_4996-1
IMG_4999-1
7番のりばから、特急はまかぜが 渡り線を通って播但線へ入っていきました。


以上、姫路駅で撮影した特急はまかぜ 「浜坂行き」 を紹介しました。






広告