IMG_2459
IMG_2198
※上は2020年10月、下は2021年1月に撮影。


広島駅 在来線の発車標は、これまで 行き先欄に 「岩国連絡 下関」 や 「三原連絡 岡山」 など この駅独自の連絡表示が出ていました。

前者は 終点の岩国駅で下関行きの電車に連絡していることを示し、後者は 三原駅で岡山行きの電車に連絡していることを示しています。


糸崎行きの場合、終点の糸崎駅まで行って乗り換えるより、その1つ手前の三原駅で三原発の電車に乗り換える方が 糸崎駅以遠へ先着する場合があります。

岩国方面についても、2021年3月13日のダイヤ改正で 山陽線 岩国~小月駅間の日中の運転間隔が これまで30~60分だったのが60~80分に広がっており、この連絡表示の重要性が増していると思っていたんですよね。


ところが、ダイヤ改正後に広島駅を訪れると、そんな連絡表示が出なくなっていたのです。

 
広告


IMG_7928
IMG_7929
こちらは、広島駅 1番のりばに設置されている発車標です。

16:19発の岩国行きは 終点の岩国駅で下関行きに連絡しています。

これまでは、行き先欄に 日本語行き先→英語行き先→連絡表示→英語行き先の順に表示されていたんですよね。

しかし、今回訪れると 行き先の日本語と英語を交互に表示するだけになっており、「岩国連絡 下関」 表示が出なくなっていました。


IMG_9452
IMG_9453
翌日、改めて広島駅を訪れました。

こちらは、5番のりばの発車標です。

糸崎行きは、糸崎駅か三原駅で必ず福山方面の電車に連絡しているのですが、こちらも連絡表示が出なくなっています。


IMG_9491-1
IMG_9490-1
改札内コンコースの発車標も、連絡表示が出ませんでした。


IMG_9469
IMG_9471
再び1番のりばの発車標です。

15:45発の岩国行きは、終点の岩国駅で下関行きに連絡しているのですが、「岩国連絡 下関」 表示が出なくなっています。


IMG_9518-1
IMG_9519-1
IMG_9532-1
IMG_9537-1
改札内コンコースの発車標です。

これまでは、列車名の日本語表示(上の写真の場合は 「エトセトラ」)が出ている時に連絡表示が出ていました。

しかし、今回訪れると、列車名が出ている時も ただ単に 「岩国」 と表示されるようになっています。



「岩国連絡 下関」 などの連絡表示は、初めて広島駅を訪れる人にとって意味不明で、「岩国行き?下関行き?どっち?」 と混乱を招くことがあったかも分かりません。

しかし、広島駅から在来線で岩国駅以遠や糸崎駅以遠に行く人にとって、岩国駅で下関方面の電車に連絡しているかどうかや、糸崎駅と三原駅のどちらで乗り換えたら良いかが一目で分かるので、便利だったんですよね。

記事の冒頭にも書いたとおり、山陽線 岩国~小月駅間の減便で この連絡表示がますます重要になると思っていただけに、突然の廃止は残念でした。

せめて、発車標の列車名/遅れ欄や経由/遅れ欄に、「岩国で下関行に連絡」 「三原で岡山行に連絡」 といった表示を出してほしかったと思います。


IMG_2488
※上の写真は呉駅で2021年1月に撮影。


ちなみに、これまで 広島駅の連絡表示は、山陽線の岩国行き・糸崎行きだけでなく、呉線の広行きでも出ていました。

終点の広駅で三原方面の電車に連絡している場合、行き先欄に「広連絡 三原」 などと表示されていたんですよね。

今回訪れた時は、快速 「安芸路ライナー」 三原行きの表示が出ていたため、連絡表示の有無について確認できませんでしたが、おそらく こちらもなくなっているでしょう。

呉駅でも 広行きに限って同様の表示が出ていましたが、果たしてどうなっているでしょうか。





 


広告