JR西日本の広島地区では、2019年12月22日に運行を終了した臨時快速 「瀬戸内マリンビュー」 に代わり、2020年10月3日から 新しい観光列車 「etSETOra」 (以下:エトセトラ)が運行を開始しました。

運行日は、毎週月曜・金曜と土休日。

往路は 広島駅から呉線経由で尾道駅へ、復路は尾道駅から山陽線 西条経由で宮島口駅まで運行されます。

瀬戸内マリンビューでは2号車が自由席でしたが、エトセトラは全車グリーン車指定席です。


今回、2021年1月10日に広島駅を訪れ、そんな エトセトラ 尾道行きを撮影しました。

発車標の表示を中心に紹介します。


★エトセトラ 宮島口行き★



広告


IMG_2135
IMG_2177
IMG_2176
まずは、5番のりばの発車標から。

尾道行きのエトセトラは、月曜と金曜は7番のりばから、土休日は5番のりばから発車します。

5番のりばは 主に山陽線上り 西条方面の電車が発着するホームです。


宮島口行きの時と同様、狭い乗車位置欄に 半角カタカナで 「エトセトラ」 と表示されていました。


広島方面からの 「尾道行き」 は、エトセトラだけです。

瀬戸内マリンビューが2019年10月5日から最終運行までの間 尾道駅まで延長運転を行っていたほか、「おのみち住吉花火まつり」 の開催時に 尾道行きの臨時普通列車が運転されていました。

ちなみに、岡山・福山方面からは、毎週日曜日に観光列車 「ラ・マルしまなみ」 が尾道駅まで運転されています。






IMG_2131
9時20分発の糸崎行きは、5番のりばではなく 可部線のりばである4番のりばから発車します。

この電車が広島駅に到着する時、5番のりばにエトセトラが停車しているためです。


IMG_2196
IMG_2197
IMG_2198
エトセトラ 尾道行きの発車案内が 上の段に表示されました。

下の段の糸崎行きは、糸崎駅の1つ手前の三原駅で 岡山行きの電車に連絡しています。


右端の 「呉線経由」 「山陽線経由」 といった表示は、山陽線と呉線が合流する三原駅に乗り入れる列車のみ表示されます。

「呉線経由」 と 「山陽線経由」 が並んで表示されるのは、意外と珍しいことではないでしょうか?


IMG_2261
IMG_2262
IMG_2266
IMG_2269
続いて、改札内の連絡跨線橋にある発車標を撮影。

ホームの発車標と異なり、両数と列車名が交互に表示されます。

列車名は、列車名/遅れ欄と編成欄に跨がって表示されており、英語表示の時は 「etSETOra」 と表示されます。


IMG_2297
IMG_2296
安芸路ライナーとエトセトラの列車名表示を拡大して撮影。


IMG_2292
IMG_2293
尾道行きの表示も拡大して撮影。


IMG_2227
IMG_2228
IMG_2246-2
IMG_2247-2
中央改札口にある発車標です。


IMG_2304
IMG_2306
IMG_2319
IMG_2321
地下道北口にある、従来のタイプの発車標は こんな感じ。


IMG_2324-1
5番のりばに戻り、停車中のエトセトラを撮影。


IMG_2334-1
ホームでは、駅員さんたちが横断幕を掲げていました。


IMG_2339-1
今度は、後ろから撮影。


IMG_2343
隣のホーム 7番のりばから撮ると、こんな感じ。


その後、エトセトラの前に発車する快速 安芸路ライナーに乗って、呉駅へ向かいました。





以上、広島駅で撮影した エトセトラ 尾道行きを紹介しました。


広告