CIMG7024-1

山陽本線では、2018年7月6日に発生した西日本豪雨によって 広範囲で被災しました。

広島地区では、岩国~広島~海田市駅間が7月9日に運転再開したものの、海田市~三原駅間は1ヶ月以上にわたって不通に。

8月18日に海田市~瀬野駅間が復旧するまでの間、広島方面からの電車が海田市駅で折り返しました。

海田市行き」 は、宮島水中花火大会(2019年で終了)の日にだけ運転される、「1年に1度しか見られない行き先」 だったんですよね。

瀬野駅まで復旧した後も、一部の電車は海田市駅や安芸中野駅で折り返しました。
※瀬野~八本松駅間は9月9日に運転を再開。


今回は、2018年9月に広島駅で撮影した 「海田市行き」 を紹介します。


★過去記事★



広告


CIMG6715-1
CIMG6721-1
まずは、改札内跨線橋にある発車標から。

下の段に、海田市行きの表示が出ました!


自分は 前年(2017年8月)、宮島水中花火大会の開催日に海田市行きを撮りに行ったばかり。

このような形で再び見られるとは思いもしなかったです。





CIMG6718-1
CIMG6703-1
日本語・英語の切り替わるタイミングが上下で揃っておらず、上の段に英語表示が出ている間、下の段は日本語表示のまま・・・といったこともしばしば起こります。


CIMG6741-1
CIMG6748-1
中央改札口のところにある発車標も撮影。

「瀬野行き」 は、通常だと 1日に1本しか設定されていません。
(広島16:35発)


CIMG6788-1
CIMG6790-1
5番のりばに設置されている発車標です。


CIMG6754-1
CIMG6752-1
行き先表示を拡大して撮影。


CIMG7017-2
5番のりばに停車中の海田市行きを撮影。

広島地区ですっかりおなじみとなった 227系です。


CIMG7014-1
車両側面の表示は、こんな感じ。


CIMG7899-1
広島駅前のホテルで1泊し、翌日 再び広島駅へ。

一部の海田市行きは、可部線のりばである4番のりばから発車しました。


CIMG7901-1
行き先表示を拡大して撮影。


CIMG7880-1
車両側面の表示を再び撮影。


CIMG7904-2
CIMG7905-2
4番のりばの発車標です。

海田市行きと あき亀山行きが並んで表示されていました。


CIMG8652-1
再び5番のりばで海田市行きを撮影。


CIMG8654-1
今度は、後ろから撮影。


CIMG8659-1
行き先表示を再び拡大して撮影。

先ほどよりも表示がくっきり見えます。


CIMG8672-1
CIMG8674-1
CIMG8675-1
再び5番のりばの発車標を撮影。

英語表示の出る時間が 上と下で合いませんでした。


以上、広島駅で撮影した 「海田市行き」 を紹介しました。


★次の記事★


広告