山陽線 広島地区を走る快速 「シティライナー」。

2010年に一度廃止されたものの、2016年3月に土休日限定で復活しました。

ところが、2018年7月の西日本豪雨で山陽線が被災して以降、土休日も平日ダイヤ(臨時ダイヤ)となったことで シティライナーが運転休止状態となり、2019年3月のダイヤ改正で再び廃止に。

しかし、それからわずか1年後の2020年3月、土休日ダイヤの復活に伴って、シティライナーが運転を再開したのです。


今回、2021年1月に五日市駅を訪れ、2度目の復活を果たしたシティライナーを撮影しました。

発車標の表示を中心に紹介したいと思います。





広告


IMG_1298
IMG_1294
まずは、2・3番のりば(山陽線下り 岩国方面ホーム)に設置されている発車標から。

この駅のホームには、2019年に発車標が新設されました。

ホームの発車標は、種別欄と時刻欄の間に乗車位置が表示されており、列車名は出ません。





IMG_1299
停車駅案内のスクロール表示を撮影。

次の停車駅は これまで宮内串戸駅でしたが、2度目の復活以降 停車駅から外されています。


IMG_1304
しばらくすると、シティライナーが入線してきました。

列車が到着します ご注意下さい」 表示を撮影。


IMG_1308-1
3番のりばに到着したシティライナーを撮影。 227系です。

日差しが反射して 種別表示が全く見えません・・・。


IMG_1327
IMG_1323
続いて、1番のりば(山陽線上り 広島方面ホーム)の発車標をご紹介。

上の段には、普通 西条行きの表示が出ています。


IMG_1374
IMG_1377
西条行きが発車すると、下の段には白市行きの表示が出ました。


IMG_1383
停車駅案内のスクロール表示を撮影。

2度目の復活で、新たに横川駅に停車するようになりました。





IMG_1384
1番のりばにシティライナーが入線してきました。

列車が到着します ご注意下さい」 表示を撮影。


IMG_1390-1
1番のりばに入線するシティライナーを撮影。


IMG_1398-1
到着したシティライナーをしゃがんで撮影。


IMG_1431
続いて、改札口に設置されている発車標を見ていきます。


CIMG8110-1
CIMG8111-1
CIMG8096-1
CIMG8097-1
※上の写真は2016年4月に撮影。

ホームの発車標の稼働開始に伴い、改札口の発車標の表示が更新されました。

更新前は、列車名欄に 両数(日本語・英語)と列車名(英語なし)が交互に表示されていましたが・・・


IMG_1423
IMG_1418
更新後は 両数表示が出なくなり、列車名が日本語・英語共に表示されるようになりました。

表示される文字のフォントが変化しています。





IMG_1354
IMG_1350
山陽線上り 広島方面の発車案内は、こんな感じ。


IMG_1448
IMG_1449
再び2・3番のりばへ移動しました。

上の段には、普通 大野浦行きが表示されています。


IMG_1476
IMG_1481
大野浦行きが発車すると、下の段に南岩国行きが表示されました。


IMG_1459
IMG_1469-1
停車駅案内のスクロール表示を撮影。

停車駅は○○、○○の順に停まります。」 って おかしな日本語ですよね。

「この列車は、○○、○○の順に停まります。」 か、「停車駅は、○○、○○です。」 に直した方が良いと思うのですが・・・。


IMG_1470
IMG_1471
南岩国行きは16分も遅れていました。


IMG_1487-1
3番のりばに到着したシティライナーを撮影。

今度は種別表示が見えますね。


以上、五日市駅で撮影したシティライナーを紹介しました。


広告