広島地区 西日本豪雨で運転を見合わせた路線

山陽本線では、2018年7月6日に発生した西日本豪雨によって 広範囲で被災しました。

広島地区では、岩国~広島~海田市駅間が7月9日に運転再開したものの、海田市~三原駅間は1ヶ月以上にわたって不通に。

8月18日に海田市~瀬野駅間が復旧するまでの間、広島方面からの電車が海田市駅で折り返しました。


瀬野駅まで復旧した後も、9月9日に瀬野~八本松駅間が復旧するまでの間、一部の電車は海田市駅や 安芸中野駅で折り返しました。

海田市行き」 と 「安芸中野行き」 は、宮島水中花火大会(2019年で終了)の日にだけ運転される、1年に1度しか見られない行き先だったんですよね。


今回は、2018年9月に岩国駅で撮影した 海田市行きと安芸中野行きの表示をご紹介。


★前回の記事★




広告


CIMG7239-1
まずは、夜の時間帯に撮影した写真をご紹介。

6・7番のりばの発車標に、瀬野行きが2本表示されていました。

2021年9月現在、岩国駅を発車する瀬野行きは、平日の15:41発のみとなっています。


通常であれば、岩国駅の発車標には 英語表示も出ます。

しかし この時、岩徳線と錦川清流線の発車標には英語表示が出ていましたが、山陽線の発車標には なぜか英語表示が出ませんでした。


CIMG7254-1
改札口に設置されている発車標も撮影。

その後、柳井行きを撮影し、駅近くのホテルへ向かいました。





CIMG7356-1
CIMG7357-1
翌朝、再び岩国駅を訪れました。

まずは、改札口に設置されている発車標を撮影。

6:34発の電車は 通常だと広行きですが、この時は 呉線が坂~呉駅間で運転を見合わせていたため、坂行きになっていました。


2020年3月のダイヤ改正までは、日中に 徳山発の坂行きが1本だけ設定されていました。

2021年9月現在、岩国駅を発車する坂行きはありません。





CIMG7353-1
一番下の段には、岩徳線の運行状況についてのスクロール表示も流れました。





CIMG7440-1
CIMG7441-1
6:34発の坂行きが発車すると、真ん中の段に 海田市行きの表示が出ました!

2018年8月18日~9月8日までの間、海田市行きは1日に7本運転されましたが、そのうち 岩国発は4本でした。
(岩国6:58発、8:37発、16:07発、17:16発)

英語表示が出ないのが残念・・・。


CIMG7431-1
CIMG7427-1
6・7番のりばの発車標を撮影。

一番上の段には、柳井行きの表示が出ています。

通常だと最終列車でしか設定されていませんが、この時は 柳井~下松駅間で運転を見合わせていたため、終日にわたって運転されていました。





その後、瀬野行きに乗って 大竹駅へ向かいました。


CIMG7554-1
CIMG7548-1
大竹駅から戻ってくると、改札口の発車標に 安芸中野行きの表示が出ていました。

安芸中野駅は、海田市駅の隣の駅です。

2018年8月18日~9月8日までの間、海田市行きが1日に7本運転されたのに対し、安芸中野行きは1日に2本のみ。

うち1本は大野浦発であり、岩国発の安芸中野行きは 7:38発の電車だけでした。


CIMG7531-2
CIMG7541-2
CIMG7532-2
6・7番のりばに設置されている発車標も撮影。

一番下の段には、「山陽本線では、岩国駅~瀬野駅間、岩国駅~柳井駅間で、折り返し運転を行っております。」 などとスクロール表示が流れていました。


以上、岩国駅で撮影した 海田市行きと安芸中野行きの表示を紹介しました。


★西日本豪雨の影響で出現した行き先★



★広島駅の発車標★



広告