IMG_4959-1

七尾線では、2020年10月3日から 新型車両の521系100番台が営業運転を開始しました。

これまで運行されていた 国鉄車両の415系・413系を順次置き換え、2021年3月13日のダイヤ改正から 全ての普通列車が521系で運行されるようになっています。


今回、2021年3月(改正後)に 金沢駅を訪れ、そんな七尾線の521系を撮影してきました。





広告


IMG_4935
今回、夜の時間帯に 金沢駅を訪れました。

5番のりばに 七尾線の521系が停車していたので、さっそく撮影。


北陸本線で運用されている 従来の521系は、種別が方向幕、行き先が3色LEDでした。

七尾線の521系は、種別や行き先がフルカラーLEDとなっています。


車体のラインカラーは、輪島の漆塗りを連想させる茜色。

これまで七尾線で運行されていた 415系・413系と同じ色が採用されています。


IMG_4930
車両側面のLED表示は、こんな感じ。

七尾線では、2021年3月13日のダイヤ改正から、全ての普通列車でワンマン運転が実施されています。


IMG_4947
後ろから撮ると、こんな感じ。


IMG_4952-1
再び前から撮影。前照灯が点灯しました。


IMG_5619-1
23時台に、再び5番のりばで521系を撮影。


IMG_5616
後ろから撮ると、こんな感じ。


IMG_5982-1
翌朝、再び金沢駅を訪れました。

こちらは、3番のりばに停車中の521系です。


IMG_6132-1
9:52発の七尾行きは、6番のりばから発車します。


IMG_6177
前面の行き先表示を拡大して撮影。


IMG_6166
車両側面の行き先表示も改めて撮影。


IMG_6171-1
後ろから撮ると、こんな感じ。

この列車に乗って、七尾駅へ向かいました。


IMG_7162
夕方 金沢駅に戻り、今度は 4番のりばに停車中の521系を撮影。

4番のりばは、3・5番のりばの北側にある切り欠きホームです。

七尾線の観光列車 「花嫁のれん」 のほか、朝晩に 七尾線や富山方面へ向かう一部の普通列車が発着します。


IMG_7150
IMG_7146-1
七尾線では、2021年3月13日のダイヤ改正から ICOCAなどのICカードが使えるようになっています。

521系の車内には、「七尾線 ICOCA始まる!」 と書かれた広告が2つ並べて掲示されていました。


IMG_7133
IMG_7136
七尾線の521系には、車載型IC改札機が設置されています。

七尾線の一部の駅では、IC改札機が設置されていません。
(本津幡、能瀬、横山、免田、宝達、敷浪、南羽咋、千路、金丸、能登二宮)

これらの駅でICカードで乗車・下車する場合は、車載型IC改札機にタッチする必要があります。


IMG_7153-1
2両編成で運転している時、前述の駅では 後ろの車両のドアが開きません

先頭車両の一番前のドアから降りるよう 案内されています。


IMG_7156-1
4両編成の列車では、全ての駅で 全てのドアが開きます。

しかし、前述の駅では 駅にIC改札機がないため、ICカードで下車するには 各車両の運転席付近にある出場用のIC改札機にタッチしなければなりません。


IMG_7157-1
今度は、前から車両を撮影。


IMG_7241-1
最後に、6番のりばから 5番のりばに停車中の521系を撮影。


以上、金沢駅で撮影した 七尾線の521系を紹介しました。


★次の記事★


★関連記事★



広告