IMG_4395-2

関空特急はるかは ほとんどが京都~関西空港駅間で運転されていますが、これまでは 朝に米原発の関西空港行きが、夜に関西空港発の米原行きが2本ずつ設定されていました。

新型コロナウイルスの感染拡大による利用客減の影響で、2020年4月24日から当面の間、米原発着のはるか号が運休に。

2021年3月13日のダイヤ改正で、これまで米原行きだった列車が 「野洲行き」 として運転を再開しました。
(野洲~米原駅間は運転取り止め)

野洲行きの はるか号が設定されるのは、1994年の運行開始以来 初めてです。


今回、ダイヤ改正当日に関西空港駅を訪れ、そんな特急はるか 野洲行きを撮影してきました。

発車標の表示を中心に紹介します。


★2021年3月のダイヤ改正(はるか号)★


★2021年5月1日から さらに減便中★
※野洲行きは2本中1本が運転取り止めとなっています。(19:16発)



広告


今回、特急はるか 野洲行きの一番列車(19:16発)を見に行きました。

関西空港駅に到着し、さっそく ホームに設置されている発車標を確認すると・・・


IMG_4178-1
IMG_4209-1
特急はるか 野洲行きの表示が出ていました!

行き先は 「京都方面 野洲」 となっています。


関西空港駅では、かつて 3色LEDの発車標が設置されていましたが、2020年9月に訪れると フルカラーLEDに更新されていました。

日本語と英語のほか、韓国語・中国語も表示されるようになっています。





IMG_4185-1
IMG_4210-1
英語と中国語の表示です。

英語は 「Kyōto・Yasu」、中国語は「京都・野洲」 でした。


IMG_4247-1
ついでに、4番のりばに停車中の関空快速を撮影。

2016年から運行を開始している 225系2次車(5100番台)で、種別と行き先がフルカラーLEDになっています。


IMG_4215
車両側面の表示も撮ってみました。

225系の1次車(5000番台)は、種別が方向幕、行き先が3色LEDと分かれていましたが、2次車では 種別と行き先が一体化したフルカラーLEDとなっています。


IMG_4254-1
続いて、改札内コンコースにある発車標を見ていきます。


IMG_4271-1
IMG_4327-1
IMG_4305-2
京都方面 野洲行きの日本語・韓国語表示を拡大して撮影。


IMG_4274-1
IMG_4328-1
IMG_4306-2
英語・中国語表示は、こんな感じ。


IMG_4258
IMG_4261-1
発車標の下には、JR西日本 近畿エリアの路線図があります。

2020年3月14日から きのくに線 海南~紀伊田辺駅間の特急通過駅と 和歌山線 五条~和歌山駅間の各駅で、2021年3月13日から 関西線 加茂~亀山駅間の各駅と 北近畿地区の一部の駅でICカードが使えるようになりました。

しかし、この路線図に反映されておらず、IC利用可能エリアについてはQRコードを読み取って確認するよう 案内されています。


IMG_4339-1
ホームへ戻ると、4番のりばに 特急はるか 野洲行きが入線してきました。

「列車がまいります」 表示を撮影。


IMG_4368-2
4番のりばに到着した 特急はるか 野洲行き。

まずは、後ろから車両を撮影。

はるか号は、2020年春から 全列車が 「ハローキティはるか」 となっています。


CIMG6176 (3)
※上の写真は、新大阪駅で2016年2月に撮影。

続いては、車両側面の方向幕です。

米原行きでは、「京都・米原」 と表示されていましたが・・・


IMG_4374-2
IMG_4383-1
野洲行きでは、ただ単に 「野洲」 となっています。

京都・野洲」 と表示されるのを期待していたので、ちょっと残念・・・。


IMG_4389-2
今度は、前から撮影。

発車時刻になり、野洲へ向かって発車していきました。


IMG_4397-2
3番のりばには、関空快速が停車中。

この電車に乗って、天王寺駅へ向かいました。


以上、関西空港駅で撮影した特急はるか 「野洲行き」 を紹介しました。

ダイヤ改正当日ということで、関西空港駅には 野洲行き目当ての鉄道ファンがたくさん来ているだろうと思っていましたが、いざ行ってみると 自分一人だけだったので 拍子抜けしました。


★次の記事★


★関連記事★

 

広告