和歌山県 東牟婁郡 那智勝浦町にある 「紀伊勝浦駅」。

旧・勝浦町の中心駅であると共に、熊野那智大社を擁する那智地区の玄関口となる駅でもあります。
(那智駅には特急 「くろしお」 が停車しないため)

また、名古屋方面から来る特急 「南紀」 が、この駅まで乗り入れてきます。


今回は、そんな紀伊勝浦駅のホーム・改札口に設置されている発車標をご紹介。



広告


IMG_1331-1
まずは、2・3番のりばの新宮側に設置されている発車標から。

基本的に、串本・和歌山方面の列車が2番のりば、新宮方面の列車が3番のりばから発車します。


IMG_1522
IMG_1520
発車標を 反対側から撮ってみました。


IMG_1531
IMG_1529
普通列車が入線する時は、「電車がまいります」 表示が点滅します。

電車がまいります電車がまいります の交互表示ではありません。


IMG_1641
IMG_1642
こちらは、特急くろしお 新大阪行きの表示です。

JR西日本の発車標は、「特急」 を赤色で表示することがほとんどですが、この駅では例外的に 緑色で表示していました。

普通列車と同じ色なので、個人的に違和感があります。


IMG_1660
IMG_1658
種別・列車名表示を拡大して撮ってみました。

御坊駅の場合、「特急」 が赤色、「くろしお」 が緑色で表示されますが、紀伊勝浦駅では逆になっていました。


IMG_1662
特急列車が入線する時は、「列車がまいります」 表示が点滅します。


IMG_1728
IMG_1744
IMG_1748
この発車標には、新宮方面・和歌山方面 両方の発車案内が表示されます。

そのため、時間帯によっては 2段とも新宮行きが表示されることもあります。


IMG_1297
IMG_1296
続いて、ホームの和歌山側に設置されている発車標をご紹介。

新宮側の発車標と異なり、こちらは2番のりば専用になっていました。


IMG_1306-1
IMG_1305-1
反対側から撮ると、こんな感じ。

日差しの強い時に撮ったので、表示が見えにくいです。


IMG_1575-2
IMG_1572-2
2番のりばに 普通 紀伊田辺行きが入線してきました。

「電車がまいります」 表示を撮影。


IMG_1282-1
2番のりばから、隣のホーム・1番のりばを撮影。

1番のりばは 新宮方面の当駅始発専用ホームとなっており、和歌山側が行き止まりになっています。

名古屋方面へ向かう特急 「南紀」 は、全て1番のりばからの発車です。


1番のりばは、発着する列車が少ないためか、発車標が設置されていません。

また、2・3番のりばの発車標に 1番のりばから発車する列車の案内が表示されることもありません。


IMG_1439
続いて、改札口に設置されている発車標を見ていきましょう。


IMG_1468
IMG_1469
新宮・松阪・名古屋方面の発車標です。

特急 「南紀」 名古屋行きの表示が出ています。


IMG_1451
IMG_1450
串本・和歌山・新大阪方面の発車標は、こんな感じ。


IMG_1869
IMG_1865
18時4分発の特急くろしおが発車すると、下の段に 22時32分発の普通 「串本行き」 が表示されました。

この電車は、串本方面の最終列車です。

19時28分発の紀伊田辺行きの後、運行間隔が3時間以上開きます。

なお、2022年9月現在、この駅を発車する串本行きは 14時台と22時台の2本のみです。


IMG_1372-1
IMG_1394-2
この駅は、改札口とは別に 駅の入口にも発車標が設置されているのが特徴的です。

この発車標は、ホームや改札口と違って 3段表示になっています。


IMG_1409
IMG_1408
新宮・松阪・名古屋方面の発車標です。


IMG_1435-1
IMG_1419-1
串本・和歌山・新大阪方面の発車標は、こんな感じ。


IMG_1917
IMG_1899
IMG_1900
18時台に改めて撮影しました。

新宮行きの普通列車は、18時58分発の次が21時39分発となっており、運行間隔が2時間半以上開きます。


IMG_1948
IMG_1947
串本行きの表示を撮影。


IMG_1969
IMG_1967
その後、18時58分発の普通 新宮行きに乗って、新宮駅へ向かいました。


以上、紀伊勝浦駅のホーム・改札口に設置されている発車標を紹介しました。

 

広告