IMG_0618

三重県北牟婁(きたむろ)郡紀北町にある 紀伊長島駅

東紀州の玄関口となる駅であり、名古屋~新宮・紀伊勝浦を結ぶ特急 「南紀」 の全列車が停車します。

三重県内の紀勢線において 列車運行上の拠点駅となっており、この駅で長時間停車する普通列車や、この駅を終点とする普通列車も設定されています。


2021年7月に紀伊長島駅を訪れると、改札口に液晶ディスプレイの発車標が設置されていました。

このブログで、簡単に紹介しておきたいと思います。

 
広告


IMG_0670-2
IMG_0724-2
まずは、改札口の様子からご紹介。

自動改札機はなく、TOICAやICOCA、SuicaなどのICカードが使えません。

液晶ディスプレイの発車標は、改札の上の壁に取り付けられています。


IMG_0657-1
IMG_0656-1
液晶ディスプレイ発車標を拡大して撮影。

こちらは、紀勢線下り 尾鷲・新宮方面の発車案内です。

普通 新宮行きと、特急 「南紀」 紀伊勝浦行きの表示が出ていました。

11:28発の普通列車は、この駅で28分停車します。
(11:00着・11:28発)


IMG_0683
IMG_0680
紀勢線上り 松阪・名古屋方面の発車案内。

普通 多気行きと 特急 「南紀」 名古屋行きの表示が出ていました。

この駅には11時台に訪れましたが、次の多気行きは2時間後の13:01発となっています。

9時台から16時台の普通列車は、9:47発・13:01発・16:20発の3本しかなく、運転間隔が3時間以上開いているのです。



以上、紀伊長島駅の改札口に設置されている発車標を紹介しました。


JR東海は 2030年頃までに、在来線の改札口にある全ての発車標を、電光掲示板から液晶ディスプレイに取り替える予定です。

紀伊長島駅を訪れるのは今回が初めてでしたが、もしかすると 以前は改札口に 3色LEDの電光掲示板が設置されていたのかもしれませんね。

なお、この駅のホームには 発車標が設置されていませんでした。








広告