米原駅は JR西日本で唯一、「特別快速」 と 「浜松行き」 が見られる駅です。

2022年2月現在、米原発の特別快速は土休日に5本、米原発の浜松行きは土休日に2本ありますが、米原発の特別快速 浜松行きは 土休日7:07発の1本だけとなっています。


今回、2022年1月に米原駅で そんな特別快速 浜松行きを撮影しました。

このブログで簡単に紹介しておきたいと思います。

※2023年1月17日追記※
この記事は、2022年2月1日に公開したものです。
2022年11月に撮影した写真を追加しました。



広告


IMG_7564
IMG_7569
まずは、在来線の改札内コンコースにある発車標から。

行き先欄には、「名古屋方面 浜松」 と表示されています。

JR西日本で 「名古屋方面」 の付いた行き先が見られるのは、米原駅だけです。


IMG_7579
IMG_7580
行き先表示を拡大して撮ってみました。


IMG_7585
IMG_7582
7・8番のりばに設置されている発車標です。

種別欄が狭いので、特別快速は 「特快」 と略して表示されます。

行き先表示は、一部のドットが欠けています。


IMG_7593-1
7番のりばに停車中の特別快速 浜松行きを撮影。 311系です。


IMG_7595-1
車両前面の方向幕を拡大して撮影。

特別快速の方向幕は 黄色になっています。


IMG_7588-1
車両側面の方向幕は、こんな感じ。


IMG_9521
IMG_9520
ここからは、2022年11月に撮影した写真をご紹介。

前回撮影した時、7時38分発の電車は 普通 大垣行きでしたが、3月のダイヤ改正で 新快速 豊橋行きに変更されました。

この駅では、新快速と特別快速の英語表示が どちらも 「Special Rapid」 となっていますが、JR東海は 新快速を 「New Rapid」 、特別快速を 「Special Rapid」 と明確に区別しています。


IMG_9527-1
IMG_9536-1
行き先表示を拡大して撮影。

名古屋方面 浜松行き、名古屋方面 豊橋行き、名古屋行き。

「名古屋」 の付く3つの行き先が揃いました。


IMG_9547-1
7番のりばに停車中の特別快速 浜松行きを撮影。

前回は311系でしたが、今回は313系でした。


IMG_9543
車両側面の方向幕は、こんな感じ。


以上、米原駅で撮影した 特別快速 浜松行きを紹介しました。






広告