米原駅の2番のりばは、主に東海道線 名古屋方面から来る普通・快速電車が到着するホームとして使われており、琵琶湖線 草津・京都方面へ向かう一部の電車も発車します。

しかし 先月(2021年3月)、22時台に米原駅を訪れると、2番のりばに 「長浜行き」 が停車していたのです。

このブログで簡単に紹介しておきたいと思います。


IMG_7373
IMG_7372
2・3番のりば(琵琶湖線 草津・京都方面ホーム)へ行ってみると、発車標に長浜行きの表示が出ていました。

北陸本線 長浜・敦賀方面へ向かう電車は、5・6・7番のりば(特急しらさぎは5番のりば、新快速は主に6番のりば)から発車します。

まさか、2番のりばから発車する長浜行きがあるとは思わなかったので、驚きました。


IMG_7359-1
2番のりばに停車中の普通 長浜行きを撮影。 4両編成の223系でした。

長浜22:15発の米原行きが 2番のりばに到着して、折り返し 長浜行きとなるのです。

まもなく発車時刻となり、長浜方面へ向かって発車していきました。


この日は、米原駅に新設された TOICAエリア用の自動改札機を撮影していたのですが、その撮影後に 2番のりばから発車する長浜行きの存在に気づきました。

おそらく、5・6番のりばや7・8番のりばの発車標にも 2番のりばから発車する長浜行きの発車案内が表示されていたのだと思いますが、時間がなくて撮れなかったのが心残りです。

今後、改めて米原駅を訪れて撮影したいと思います。





広告