IMG_0592-1


JR西日本の新しい長距離列車である WEST EXPRESS 銀河 (長いので、記事中では 「銀河」 と書きます)

気軽に鉄道の旅を楽しめる列車」 をコンセプトに、2020年9月11日に営業運転を開始しています。
※当初は5月8日の予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期されていました。

11月末にかけて、京都・大阪~出雲市駅間を結ぶ 夜行特急列車として運行されました。

運転日(始発駅を発車する日)は 基本的に、下り(京都→出雲市)が月曜日と金曜日、上り(出雲市→大阪)が水曜日と土曜日です。
※10月23、24、26、28日、11月9、11、30日は運行せず。

2020年12月12日から2021年3月は、大阪~下関駅間を結ぶ 昼行特急列車として運行される予定となっています。


今回、2020年10月17日に 松江駅を訪れ、「WEST EXPRESS 銀河」 大阪行きを撮影してきました。


【JRおでかけネット】
WEST EXPRESS 銀河


★前回の記事★


★過去記事★

 


広告


IMG_0530
出雲市駅から普通列車に乗って、松江駅にやってきました。

まずは、銀河の乗車位置ステッカーを撮影。


IMG_0563-1
7分後、1番のりばに 銀河が到着しました。

この駅で 28分間停車します。(16:37着、17:05発)

銀河が到着するまで、ホームに 銀河目当ての人は少なかったのですが、到着後に 多くの人が列車から降りて 銀河を撮影していました。


IMG_0571
銀河のヘッドマークを拡大して撮影。


IMG_0574
IMG_0573
車両側面の表示を撮影。

行き先と列車名が交互に表示されました。


IMG_0585
車両の側面には、銀河のロゴマークが描かれています。


IMG_0612
英語のロゴマークも撮影。


IMG_0579-1
6号車から順に、ドア横の号車案内表示を撮ってみました。

6号車は「プレミアルーム」 と呼ばれるグリーン個室と、フリースペース 「彗星」 があります。


IMG_0600
5号車は 普通車指定席(ノビノビ座席)です。


IMG_0601
4号車は、1両まるごとフリースペース 「遊星」 です。


IMG_0604
3号車は、フリースペース 「明星(みょうじょう)」 と、普通車指定席があります。

普通車指定席は リクライニングシートと、「ファミリーキャビン」 と呼ばれるコンパートメント(個室)の2種類です。


IMG_0608
2号車は 普通車指定席(ノビノビ座席、リクライニングシート)です。

こちらは 全て女性席となっており、男性の利用はできません。
(男性が2号車を通り抜けることはできます)


IMG_0610-1
最後尾の1号車は、「ファーストシート」 と呼ばれるグリーン車指定席となっています。

※銀河の座席について、詳しくは JR西日本のニュースリリース(PDF) をご覧下さい。


IMG_0619-1
今度は、後ろから銀河を撮影。


IMG_0630
16時47分発の特急 「スーパーおき」 鳥取行きが発車すると、発車標に 「WEST EXPRESS 銀河」 大阪行きの表示が出ました!

こちらは、ホームの西側(出雲市側)に設置されている発車標です。

銀河の表示は 出雲市駅とは大きく異なり、緑色で 「WEST.EXP.銀河」 と表示されています。


IMG_0631
英語表示は、こんな感じ。

Osaka」 の表示も 出雲市駅と異なっています。
(「O」 の上に 「-」 が付いていません)


IMG_0645
IMG_0654
列車名の表示を拡大して撮影。

種別欄と列車名欄に跨がって表示されています。


IMG_0661-1
IMG_0664-1
行き先表示を拡大して撮影。


IMG_0694-1
一旦改札を出て、改札口の様子を撮影。


IMG_0670-3
IMG_0669-3
改札口に設置されている発車標は、こんな感じ。


この日は、「秋の乗り放題パス」 を使って 山陰地区を訪れましたが、特急列車に乗る場合は この切符が使えません。

米子駅で 銀河の表示を撮るため、券売機で松江から米子までの乗車券と自由席特急券を購入し、再びホームへ移動しました。


IMG_0719
IMG_0727
最後に、ホームの東側(米子側)に設置されている発車標を撮影。

その後、特急 「やくも」 岡山行きに乗って、米子駅へ向かいました。




以上、松江駅で撮影した 「WEST EXPRESS 銀河」 大阪行きを紹介しました。

 

広告