2019年7月27日(土)、「おのみち住吉花火まつり」 の開催に伴い、山陽本線 三原~笠岡駅間で 臨時列車が多数運転されました。

その際、通常ダイヤでは設定されていない 「尾道行き」 や 「笠岡行き」 が運転されたのです。

今回、三原駅で そんな尾道行きや笠岡行きを撮影してきました。
発車標の表示を中心に紹介したいと思います。

※1年前(2019年)に撮影した写真です。
※2020年の おのみち住吉花火まつりは 9月12日に開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となりました。


★前回の記事★



広告


CIMG2072-1
CIMG2058-1
まずは、改札口に設置されている発車標から見ていきましょう。
真ん中の段に 尾道行きの表示が出ています。

通常ダイヤで 普通 尾道行きの設定はありませんが、2019年10月~12月にかけて 呉線を走る臨時快速 「瀬戸内マリンビュー」 が尾道駅まで延長運転されました。

2020年10月からは その後継となる新しい観光列車 「etSETOra(エトセトラ)」 が宮島口~広島~尾道駅間で運行を開始する予定です。


CIMG2121-1
CIMG2117-1
尾道行きの発車案内が1番上の段に表示されました。

糸崎駅の場合、臨時列車の種別表示は 「臨時」 でしたが、この駅では 「臨時普通」 と窮屈な表示になっています。


CIMG2139-1
CIMG2144-1
3番のりばの発車標は こんな感じ。


CIMG1987
CIMG2131-1
比較しやすいよう、糸崎駅と三原駅の 「尾道行き」 の表示を並べてみました。
(写真は上が糸崎駅、下が三原駅の表示です)

三原駅の表示は 「尾」 と 「道」 の間があいていないほか、フォントが糸崎駅と異なっています。


CIMG1986
CIMG2132-1
英語表示の比較です。 こちらも、フォントが異なっています。


CIMG2155
3番のりばに停車中の尾道行きを撮影。 前面にLED表示器がない車両です。


CIMG2126-1
側面の方向幕は 「臨時」 となっていました。


CIMG2273-1
CIMG2275-1
一旦糸崎駅へ行き、再び三原駅に戻ってきました。

3番のりばへ行ってみると、発車標に笠岡行きの表示が出ていました!
尾道行きと異なり、花火大会の日以外は出現することがほとんどない行き先です。

19時40分発の電車は 通常だと 三原発 糸崎行きという 超短距離運用ですが、この日は笠岡駅まで延長運転されました。
(種別表示が 「臨時普通」 になっていないのは、そのためです)


CIMG2231
CIMG2261-1
尾道行きと同様、糸崎駅の表示と並べてみました。
(写真は上が糸崎駅、下が三原駅の表示です)

こちらも、フォントが異なっているのが分かります。


CIMG2232
CIMG2262-1
英語表示の比較です。
三原駅の方は、「K」 の右下の線が不自然に途切れていますね。


BlogPaint
3番のりばに停車中の笠岡行きを撮影。 こちらは前面に行き先が表示されていました。


CIMG2291-1
前面の行き先表示を拡大して撮影。


CIMG2281-1
車両側面の行き先表示は こんな感じ。


CIMG2306-1
CIMG2300-1
発車標の下の段に、臨時列車 福山行きの表示が出ました。


CIMG2313-1
CIMG2315-1
改札口の発車標を撮影。

一番下の段の福山行きは 呉線からの直通です。
そのため、3・4番のりばではなく 1番のりばからの発車となっています。


CIMG2336-1
CIMG2333-1
笠岡行きの発車案内が1番上の段に表示されているところを撮影。
その後、笠岡行きに乗って 福山駅へ向かいました。


以上、三原駅で撮影した尾道行きと笠岡行きを紹介しました。


★次の記事★


★三原駅で撮影した etSETOra 尾道行き★


広告