2024年3月16日のダイヤ改正で 北陸新幹線 金沢~敦賀駅間が延伸開業し、北陸本線の同区間が第三セクター(IRいしかわ鉄道・ハピラインふくい)に経営移管されました。

これに伴い、名古屋・米原~金沢駅間を結んでいた特急 「しらさぎ」 は、敦賀~金沢駅間の運行を終了し、全列車が敦賀止まりに短縮されています。


今回、2024年3月17日に名古屋駅を訪れ、特急しらさぎ 「敦賀行き」 を撮影しました。

このブログで紹介したいと思います。


★前回の記事★


★金沢行きの表示★



広告


IMG_4209
IMG_4208
まずは、中2階通路に設置されている3色LED発車標を撮影。

特急しらさぎ7号 「敦賀行き」 の表示が出ています。

ホームに設置されている発車標に比べ、表示される文字が細いです。


IMG_3479
IMG_3792
IMG_4260
大垣駅 2番線の米原側にある発車標と、岐阜駅 アクティブG連絡口の発車標、名古屋駅 中2階通路の発車標を比較してみました。
(写真は 上から順に大垣駅・岐阜駅・名古屋駅の表示です)

名古屋駅の表示は、敦賀行きのフォントが 大垣駅や岐阜駅と異なっているのが分かります。


IMG_3482
IMG_3793
IMG_4259
英語表示です。

こちらも、「Tsuruga」 のフォントが3者それぞれ異なっています。


IMG_4344-1
IMG_4343-1
IMG_4314
続いて、4番線に設置されている発車標を撮影。

岐阜駅と同様、敦賀行きが細い文字で表示されていました。


特急しらさぎは これまで5号車と6号車が自由席でしたが、今回のダイヤ改正で全車指定席となっています。

下の段に 「この列車は、全車指定席です。」 と固定表示されるようになったほか、「指定席は、2号車から、6号車です。グリーン車は1号車です。」 とスクロール表示されます。


IMG_3428
IMG_3734
IMG_4337
大垣駅2番線 名古屋側の発車標、岐阜駅6番線の発車標、名古屋駅4番線の発車標を比較してみました。
(写真は上から順に、大垣駅・岐阜駅・名古屋駅の表示です)

名古屋駅の表示は、「敦」 と 「賀」 のフォントが岐阜駅の発車標と同じですが、間が狭くなっています。


IMG_3425
IMG_3730
IMG_4338
英語表示は、フォントが3者バラバラです。

名古屋駅の表示だけ、「suruga」 の文字が細くなっています。


IMG_4320-1
IMG_4302-1
停車駅案内のスクロール表示を撮影。


IMG_4010
IMG_4021

IMG_4013
乗車口案内表示器は 敦賀行きに対応しておらず、行き先が無表示でした。

下の段には、停車駅案内などがスクロール表示されます。


IMG_4362-1
IMG_4361-1
4番線に、特急しらさぎ7号 敦賀行きが入線してきました。

列車が到着します ご注意ください」 「Train Approaching」 表示を撮影。


IMG_4376-1
4番線に到着した特急しらさぎ7号 敦賀行き。

まずは、後ろから車両を撮影。

米原駅からは進行方向が逆になり、こちら側の車両を先頭に運転されます。


IMG_4372-1
車両側面の種別・行き先表示を撮影。


IMG_4384-1
前から車両を撮ると、こんな感じ。


IMG_4400
IMG_4411
最後に、桜通口に設置されている液晶ディスプレイ(LCD)発車標を撮影。

敦賀行きの場合、英語表示の時に 敦賀駅の駅ナンバー  A01  が表示されます。


IMG_4436
IMG_4434
特急しらさぎ7号 敦賀行きの案内が、一番上の段に表示されました。

停車駅案内のスクロール表示でも、英語表示の時に 各駅の駅ナンバーが表示されます。

JR東海では、新快速を 「New Rapid」、特別快速を 「Special Rapid」 と案内しますが、この駅のLCD発車標では 快速電車を全て 「Rapid」 と表示していました。


以上、名古屋駅で撮影した特急しらさぎ 「敦賀行き」 を紹介しました。








広告