七尾線では、2020年10月3日から 新型車両の521系100番台が営業運転を開始しました。

これまで運行されていた 国鉄車両の415系・413系を順次置き換え、2021年3月13日のダイヤ改正から 全ての普通列車が521系で運行されるようになっています。


前回の記事で、金沢駅で撮影した 七尾線の521系を紹介しました。

今回は、七尾駅と羽咋駅で撮影した 521系の写真をご紹介。


★前回の記事★


★関連記事★



広告


七尾駅

IMG_6203-1
金沢駅から521系に乗って、終点の七尾駅へ向かいました。

電車は2番のりばに到着。 折り返し 普通 金沢行きとなります。


IMG_6213-1
しゃがんで撮ると、こんな感じに。


IMG_6218-1
今度は、後ろから撮影。

その後、のと鉄道の普通列車に乗って 和倉温泉駅へ向かいました。


IMG_6743-1
七尾駅に戻り、再び普通 金沢行きを撮影。

一見すると、先ほどと同じ521系のように見えますが・・・


IMG_6744-1
ドア横のロゴマークが JRではなく、IRいしかわ鉄道のものになっているのです。

七尾線の521系は18本(計36両)ありますが、そのうち3本は IRいしかわ鉄道の所属となっています。


521系の導入前は、JR西日本の車両がIRいしかわ鉄道へ 「片乗り入れ」 していました。

IRの車両が七尾線を走ることで IRとの「相互乗り入れ」 を行い、車両使用料を相殺するのでしょう。


IMG_6748-1
車両側面のLED表示を撮影。


IMG_6750-1
後ろから撮ると、こんな感じ。

七尾線では、2021年3月13日のダイヤ改正から 全ての普通列車でワンマン運転を実施しています。

しかし、今回訪れた時、この列車では車掌が乗務していました。


IMG_6726
IMG_6721-1
隣のホーム 1番のりばから、2番のりばに停車中の521系を撮影。

IRいしかわ鉄道のロゴマークが目立ちますね。


IMG_6717-2
1番のりばに、特急 能登かがり火 金沢行きが到着。

2番のりばに停車中の521系と並びました。


IMG_6711-1
能登かがり火 単独の写真も貼っておきます。


羽咋駅

IMG_6762
七尾駅から 先ほどの521系に乗って、羽咋駅へ移動しました。

降りてすぐに、3番のりばに停車した521系を撮影。


IMG_6923-1
しばらく羽咋駅で過ごしていると、1番のりばに 七尾行きの521系が到着。

行き違い待ちのため、3分間停車しました。


IMG_6801-1
ついでに、1番のりばで撮影した 特急 サンダーバード 和倉温泉行きもご紹介。

大阪方面からのサンダーバード号は ほとんどが金沢止まりであり、七尾線へ直通するのは1日に1本のみとなっています。


以上、七尾駅と羽咋駅で撮影した521系を紹介しました。

 

広告