IMG_6739-1
※七尾駅に停車中の普通 金沢行き。新型車両の521系です。(2021年3月撮影)


七尾線 津幡~和倉温泉駅間では、2021年3月13日のダイヤ改正から ICOCAなどのICカードが使えるようになっています。


今回、ダイヤ改正後に 羽咋・七尾・和倉温泉の3駅を訪れ、改札口の様子を撮影しました。

このブログで紹介しておきたいと思います。


※ICOCAエリアでは、ICOCAのほか、以下の全国相互利用カードが使えます。
Kitaca・Suica・PASMO・TOICA・manaca・PiTaPa・SUGOCA・nimoca・はやかけん


★過去記事★



広告


羽咋駅

IMG_6766-1
IMG_6769-1
まずは、西口改札を1番のりば側から撮影。

出場用のIC改札機が1台設置されていました。


IMG_6779-1
改札外側には、入場用のIC改札機が設置されています。
(こちら側から改札口を撮るのを忘れてました・・・)


IMG_6775-1
ついでに運賃表を撮影。

ICカードの利用可能なエリアが水色で囲われています。

七尾線やIRいしかわ鉄道の駅から乗車する場合、ICカードが使えるのは 石川県最南端の大聖寺駅まで という制約があるため、水色のエリアも大聖寺駅までとなっていました。

運賃は 七尾線の各駅しか書かれておらず、津幡駅以遠のIRいしかわ鉄道などは 券売機の 「連絡きっぷ」 を押すよう案内されています。


IMG_6874-2
今度は、東口改札へ行ってみました。

こちらも、出場用のIC改札機が設置されています。


IMG_6896-1
IMG_6877
入場用のIC改札機は、こんな感じ。


七尾駅

IMG_6250-1
IMG_6252-1
まずは、1番のりば側から改札口を撮影。

こちらも、出場用のIC改札機が1台設置されていました。


IMG_6257
IMG_6271
改札口の様子です。(逆光で暗くなってしまいました・・・)


IMG_6263
入場用のIC改札機を撮影。


IMG_6273-1
JRの改札口の右側には、のと鉄道の改札口があります。

こちらは、IC改札機が設置されていません。


七尾~和倉温泉駅間は JR西日本と のと鉄道の共用区間です。

JRの特急列車は 和倉温泉駅まで乗り入れますが、JRの普通列車は七尾駅が終点となっており、そこから先は のと鉄道の普通列車を利用することになります。

のと鉄道の普通列車では、ICカードが使えません。


IMG_6684-1
運賃表は羽咋駅と異なり、津幡駅以遠の運賃も記載されています。


IMG_6692
七尾駅では、2021年1月16日に みどりの券売機プラスが稼働開始しました。

これに伴い、みどりの窓口は その前日をもって営業を終了しています。


和倉温泉駅

IMG_6469
IMG_6471
まずは、1番のりば側から改札口を撮影。

こちらも、出場用のIC改札機が1台設置されていました。


IMG_6551
IMG_6558
改札口の様子です。


IMG_6488
IMG_6492
前述の通り、七尾~和倉温泉駅間で のと鉄道の普通列車に乗車する場合は ICカードが使えません。

そのため、入場用のIC改札機に 注意喚起の紙が貼り付けてありました。


IMG_6532-1
のと鉄道の列車では IC乗車券、クレジットカードはご利用いただけません」 と書かれた案内が ホワイトボードに貼ってありました。


IMG_6623-1
運賃表を撮影。

七尾駅と同様、津幡駅以遠の運賃も記載されています。


以上、羽咋・七尾・和倉温泉の3駅で撮影した ICOCA導入後の改札口を紹介しました。









広告