2017→2018年
終夜運転(2017年)

2018→2019年
終夜運転(2018年)

2019→2020年
終夜運転(2019年)

※上の図は、いずれも JR西日本 ニュースリリースより引用。


JR西日本の京阪神地区では、年越しイベントや初詣などに出かける人のために、これまで 大晦日深夜から元日早朝にかけて、一部の線区で 終夜運転(いずれも臨時列車の運転)が実施されてきました。

上の図を見ると分かるように、JR西日本の終夜運転は、2年連続で実施範囲が縮小しているんですよね。

2020年12月4日、JR西日本が 大晦日の臨時列車の運転について発表したので、このブログで取り上げたいと思います。

※2020年12月15日追記※
JR西日本が、大晦日の臨時列車の運転を取り止めると発表しました。
詳しくは、以下の記事をご覧下さい。





【今年のニュースリリース(PDF)】
大晦日の臨時列車、運転時刻のお知らせ (2020→2021年)

【昨年のニュースリリース】
大みそかの臨時列車運転のお知らせ
~大みそか深夜から元旦にかけて臨時列車を運転します~
(2019→2020年)

【一昨年のニュースリリース】
大晦日の終夜運転のお知らせ (2018→2019年)

【3年前のニュースリリース】
大みそかの終夜運転のお知らせ
~大みそか深夜から元旦にかけて終夜運転を行います~
 (2017→2018年)

★前回の記事★



広告


JR西日本 大晦日2020
※上の図は、JR西日本 ニュースリリースより引用。


今回 臨時列車が運転されるのは、以下の線区です。
臨時列車が運転される計画だったのは、以下の線区です。


JR京都線・JR神戸線
京都~高槻・・・約40分間隔
高槻~大阪~西明石・・・約20分間隔

JR奈良線
京都~城陽・・・約30分間隔

学研都市線・JR東西線
四条畷~京橋~尼崎・・・約30分間隔

大阪環状線
内回り、外回り・・・約15分間隔

大和路線
奈良~王寺・・・約60分間隔
王寺~JR難波・・・約30分間隔

万葉まほろば線
奈良~桜井・・・約30分間隔


上記の線区は、全て概ね3時頃までの運転です。となる計画でした。
3時~始発までの間、臨時列車は運転されません)


JRゆめ咲線は 前回まで終夜運転が行われてきましたが、今年は臨時列車が運転されません。

おそらく、USJのカウントダウンイベントが中止になったためでしょう。



ただでさえ縮小傾向にあった JR西日本の終夜運転ですが、今年は 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全ての線区で実施されないことになりました。

ちょうど1年前の記事 で、 「近い将来、京阪神地区の終夜運転が完全になくなることも考えられます。」 と書いていましたが、まさか1年後にそうなるとは思いもしなかったです。

今回は 3時台まで臨時列車が運転されることになりましたが、来年以降どうなるのか気になりますね。



余談ですが、関西の大手私鉄5社も 今年は終夜運転を実施しないと表明しています。

阪急・阪神・南海の3社は 一部の線区で終電を延長しますが、京阪と近鉄は 終電の延長も行わないようです。

※2020年12月28日追記※
阪急・阪神・南海の3社が、終電の延長を取り止めると発表しました。


★関西大手私鉄のニュースリリース(いずれもPDF)★
【阪急】 大晦日の臨時列車の運転 および 年末年始の運転ダイヤについて
【阪神】 大みそかの運転と年末年始のダイヤについて
【京阪】 年末年始の列車運転について
【近鉄】 大晦日から元旦にかけての終夜運転について
【南海】 年末年始の運行ダイヤについて





広告