豪渓行き(岡山~総社)


伯備線では、2018年7月6日に発生した西日本豪雨によって 広範囲で被災しました。

中でも、豪渓~新見~上石見駅間は、土砂流入や線路冠水などの被害を受け、復旧まで1ヶ月近くを要しています。
(8月1日に全線で運転再開)

2018年7月13日に総社~豪渓駅間が復旧してから全線復旧するまでの間、通常ダイヤで設定されていない 「豪渓行き」 の電車が運転されました。

豪渓駅は 総社駅の隣の駅であり、1日の平均乗車人員が100人台という無人駅ですが、上下共用の待避線があり 折り返し運転ができるのです。


今回、2018年7月に岡山駅を訪れ、そんな豪渓行きを撮影しました。

発車標の表示を中心に紹介します。


※今月(2021年6月)から、1年以上前に撮った写真を 土休日に紹介していきます。
(2021年2月に開始しましたが、3月からしばらく中断していました)

当面の間、西日本豪雨に伴って発生したレアな行き先の記事を 土休日に公開していく予定です。



広告


岡山駅に到着し、さっそく1・2番のりばの発車標を確認すると・・・



CIMG7887-2
CIMG7889-2
一番上の段に、豪渓行きの表示が出ていました!

通常ダイヤでは 備中高梁行きですが、豪渓~備中高梁駅間で運転取り止めとなっています。


ちなみに、10時40分発の列車は、2020年3月のダイヤ改正で 備中高梁行きから 総社行きに変更されました。






CIMG7882-1
車両側面の方向幕です。

豪渓行きの方向幕が用意されていないため、白幕(無表示)となっていました。


CIMG7925-1
CIMG7924-1
先ほどの豪渓行きが発車した後、地下改札口の発車標を撮影。

次の列車は、種別が 「臨時」 になっていました。

臨時の場合は、列車名欄に 路線名の表示が出ません。


CIMG7977-1
CIMG7975-1
豪渓行きの行き先表示を拡大して撮影。


その後、一旦 児島駅へ向かいました。





CIMG8416-1
CIMG8417-1
岡山駅に戻り、再び地下改札口の発車標を撮影。

今度は、下の段にも 豪渓行きの表示が出ていました。

上が 「臨時」、下が 「普通」 と種別が異なっています。


CIMG8398-1
CIMG8397-1
豪渓行きの行き先表示を、改めて拡大して撮りました。


CIMG8526-2
CIMG8524-2
今度は、中央改札口の発車標を撮影。


CIMG8579-1
CIMG8580-1
1・2番のりばの発車標です。


CIMG8582-1
2番のりばに、豪渓行きが入線してきました。

臨時列車のため、「電車」 ではなく 「列車がまいります」 と表示されます。


CIMG8593-1
2番のりばに到着した 豪渓行きを撮影。

快速 サンライナーなどで使われる117系です。


CIMG8590-1
側面の方向幕は、行き先が無表示でした。


CIMG8832-1
CIMG8831-1
15時台に 再び中央改札口の発車標を撮影。

1日に1本しかない 福塩線直通列車(福山方面 府中行き)の表示が出ています。


CIMG8854-1
CIMG8844-1
ホームの発車標では、府中行きと豪渓行きが並んで表示されました。


CIMG8847-1
乗車位置表示は、こんな感じ。


CIMG8839-1
CIMG8838-1
1番のりばに 豪渓行きが入線してきました。

「電車がまいります」 表示を撮影。


CIMG8858-1
1番のりばに到着した豪渓行きを撮影。

車両の前面に方向幕がありません。


CIMG8905-1
CIMG8907-1
17時台に撮った、ホームの発車標の写真もご紹介。


以上、岡山駅で撮影した 「豪渓行き」 の表示を紹介しました。



★西日本豪雨に伴うレアな行き先★




★2018年9月の大雨に伴うレアな行き先★


広告