CIMG3921
CIMG3913
CIMG3968
※上の写真は2016年12月に撮影。


岡山駅の在来線ホームでは、かつて 全てののりばで 帯が 青色の駅名標が設置されていました。

2016年3月に JR西日本が 岡山・福山エリアの各路線に 路線記号と新しいラインカラーを導入し、それに伴って 駅名標が新しいラインカラーのものに更新されています。
(瀬戸大橋線のラインカラーは、JR西日本のコーポレートカラーと同じ青色です)


ところが、2020年7月、JR西日本が 岡山・福山エリアの8路線に 「駅ナンバー」 を導入すると発表。

これに伴い、ひらがな駅名標が 駅ナンバー入りのものに再度更新されることになったのです。


JR西曰く、「2020年9月以降、準備が出来次第 使用開始する」 とのことでしたが、9月21日に岡山駅を訪れると ひらがな駅名標が駅ナンバー入りのものに更新されていたので、このブログでさっそく紹介しておきたいと思います。



★過去記事★


 
広告


IMG_7969
まずは、2番のりば(山陽線下り・伯備線ホーム)の ひらがな駅名標から。

更新前は 「おかやま」 の文字が 駅名標の上から下までバランスよく配置されていました。
更新後は 駅名標の一番下に駅ナンバーが入ったため、駅名が上に詰めて書かれています。

更新前に比べ ラインカラーの帯が太くなり、「おかやま」 の文字が小さくなりました。

帯の色は 山陽線 岡山~福山駅間のラインカラーであるオレンジ色ですが、駅ナンバーは 山陽線 三石~岡山駅間と赤穂線のもの(S01、N01)が書かれています。


IMG_7965-2
こちらは、3番のりば(山陽線上り・赤穂線ホーム)の ひらがな駅名標です。

帯の色は 山陽線 三石~岡山駅間のラインカラーである黄緑色ですが、駅ナンバーは 山陽線 岡山~福山駅間と伯備線のもの(W01、V01)が書かれています。


IMG_7962
4番のりばの ひらがな駅名標も、この通り。


IMG_7975-1
続いて、瀬戸大橋線・宇野みなと線ホームの ひらがな駅名標をご紹介。

こちらは、6番のりばの ひらがな駅名標。
瀬戸大橋線の駅ナンバー 「M01」 と、宇野みなと線の駅ナンバー 「L01」 が書かれています。


IMG_7885
8番のりばの ひらがな駅名標です。


IMG_7951
IMG_7953
10番のりば(桃太郎線ホーム)の ひらがな駅名標は、こんな感じ。


IMG_7958-1
IMG_7959-1
ちなみに、9番のりば(津山線ホーム)の ひらがな駅名標は更新されていません。

津山線は 路線記号が導入されていますが、今回の駅ナンバー導入路線に含まれていないのです。


IMG_8472-1
岡山駅での撮影後、在来線で関西へ戻りました。

車窓から確認したところ、東岡山駅などでも ひらがな駅名標が更新されていました。

 

広告