近江今津駅 ホーム増設

近江塩津駅では、1番のりばの外側の線路(湖西線の下り線)に 新しいホームを増設する工事が行われています。


今回、2021年3月に近江塩津駅を訪れ、増設工事中のホームを撮影しました。

このブログで紹介しておきたいと思います。


★過去記事(2020年10月)★



広告


IMG_4555-1
南側(京都側)から順に見ていきます。

1・2番のりばの階段は ホームの南端にありますが、新しいホームは そこから さらに南にのびています。

前回見た時 ホーム床は鉄骨だけでしたが、今回訪れると 点字ブロックやCPライン(ホーム端の赤い線)も整備されるなど、工事がほぼ完了していました。


線路とは反対側に、鉄骨がほぼ等間隔で立てられています。

おそらく、ホーム屋根が設置されるのでしょう。


IMG_4556
同じ場所から、今度は北側(敦賀側)を撮影。

改札口へ向かう階段の設置工事が行われているかどうかは 確認できませんでした。


IMG_4578
鉄骨は、ホームの中程まで続いていました。

ホームの長さは4両分で、屋根は その半分の2両分でしょうか。

ちなみに、1・2番のりばと3・4番のりばは 4両分のみ嵩上げされていますが、屋根も4両分あります。


IMG_4583
ホームを拡大して撮影。

これでも かなり狭そうに見えますが・・・


IMG_4561
ホームの北側は、さらに狭くなっていました。

線路と反対側には、フェンスが設置されています。


IMG_4563
IMG_4565
ホームを拡大して撮影。

点字ブロックの外側よりも内側の方が狭いように見えます。

ホームの北端にある階段は、1人が左右の手すりを握れるほどの幅しかありません。

その階段とホームの幅がほぼ同じということで、いかに狭いかお分かりいただけるかと思います。


IMG_4569
IMG_4576
反対側から撮ると、こんな感じ。


IMG_4570-1
今度は、1・2番のりばも入れて撮ってみました。

既存のホームも、島式ホームにしてはかなり狭いと思うのですが、新しいホームは それよりもさらに狭いです。

ホームを設置するスペースが狭かったというわけではなく、むしろかなり余裕があるように見えます。


IMG_4552-1
改札口を出たところに、ホーム新設のお知らせが掲示されていました。

工事は2020年3月24日から始まっており、2021年6月末で終わる予定のようです。



今回のホーム増設は、JR西日本や長浜市からの公式な発表がなかったり、ホームが非常に狭かったりと 不可解な点が多いです。
(長浜市から発表がないということは、今回のホーム増設に関与していないのでしょう)

日中における 湖西線から北陸線 米原方面への対面乗り換えを止めてまでホームを増設する必要があるかと言われると、疑問に思います。

湖西線の下り線は 金沢方面へ向かう特急サンダーバードが高速で通過しており、あの狭いホームで列車を待つのは 非常に危険です。


ひょっとして、新しいホームは旅客用ではなく、乗務員などJRの関係者だけが使うのでしょうか?

もしくは、近江塩津~敦賀駅間で輸送障害が発生した時など、異常時だけ使用するのでしょうか?

非常に気になるところです。


★関連記事★


広告