大阪駅から京都方面へ向かう普通電車は、ほとんどが高槻駅・京都駅までの運転ですが、平日の朝に1本だけ 「草津行き」 が設定されています。


今回、2022年5月のGW期間中に大阪駅を訪れ、そんな普通 草津行きを撮影しました。

このブログで紹介しておきたいと思います。



広告


IMG_0006
まずは、中2階通路にあるディスプレイ発車標から。

上から2段目に、普通 「京都方面 草津行き」 が表示されていました。


京都駅から琵琶湖線に直通する普通電車は、ほとんどが西明石~高槻(一部は京都)駅間で 「快速」 として運転されます。

大阪駅を発車する普通電車で 琵琶湖線に直通するのは、この普通 草津行きだけです。


IMG_0061
IMG_0062
御堂筋口の改札内コンコースにあるフルカラーLED発車標も撮影。

新快速 の種別表示をよく見ると、なぜかうっすらと 「普通」 と表示されていますね・・・。


これまでは 草津行き自体 数少ない行き先であり、他に 新快速 草津行きが8時台に1本、18時台に2本設定されているだけでした。

2022年3月のダイヤ改正で、9~13時台の毎時0分に大阪駅を発車する新快速が、草津~米原駅間で運転取り止めとなり、草津行きが5本も増えています。





IMG_0077-1
IMG_0075-1
7・8番のりばにある発車標は、こんな感じ。

基本的に 普通電車は7番のりば、快速と新快速は8番のりばから発車するのですが、平日の朝晩は 新快速が隣のホーム・9番のりば(当駅始発は10番のりば)から発車します。

さらに、平日の朝ラッシュ時は、快速も10番のりば(一部は9番のりば)からの発車となります。

7・8番のりばの発車標には、隣のホーム 9・10番のりばから発車する新快速・快速の発車案内も表示されます。


IMG_0113-2
7番のりばに停車中の普通 草津行き(207系)を撮影。

207系や321系で運転される 唯一の草津行きです。


これまではJR神戸線の西明石発でしたが、2022年3月のダイヤ改正で JR宝塚線の新三田発に変更されました。

新三田駅を6時25分に出発し、終点の草津駅には8時41分に到着します。


IMG_0117-1
車両前面の行き先表示を拡大して撮影。


以上、大阪駅で撮影した普通 「草津行き」 を紹介しました。




広告