CIMG8020-1
※大阪駅 2番のりばに停車中の普通電車。(2016年12月撮影)


JR西日本は、2021年3月13日のダイヤ改正で、大阪環状線など 京阪神地区の多くの路線で 最終列車を繰り上げています。

2021年4月26日、JR西日本は 大阪環状線で 平日に終電をさらに繰り上げると発表しました。


【JR西日本 ニュースリリース(PDF)】
一部列車の運転取り止めについて


2021年4月28日(水)から、平日に 以下の列車が運転取り止めとなります。

大阪駅


<内回り> (西九条・新今宮方面)
0:11発 普通 天王寺行き
※平日は、0:02発の普通 天王寺行きが最終列車となります。


<外回り> (京橋・鶴橋方面)
0:15発 普通 京橋行き
※平日は、0:08発の普通 天王寺行きが最終列車となります。


天王寺駅


<内回り> (鶴橋・京橋方面)
0:04発 普通 大阪行き
※平日は、23:48発の普通 大阪行きが最終列車となります。


<外回り> (新今宮・西九条方面)
0:04発 普通 大阪行き
※平日は、23:58発の関空/紀州路快速 大阪行きが最終列車となります。
(天王寺から芦原橋・野田へは、23:47発の普通が最終列車となります)


ちなみに、天王寺から新今宮・今宮は、0:17発の大和路線・JR難波行きが最終列車です。



いずれも、平日に 現行の最終列車が運転取り止めとなります。
(土休日は運転されます)



今回の終電繰り上げは、緊急事態宣言の発出や 自治体からの要請を受けて実施されます。

実施期間は、4月28日から緊急事態宣言が解除されるまでの間です。

今のところ 5月11日(火)までの予定ですが、おそらく 延長されるのではないかと思います。


※2021年5月12日追記※
緊急事態宣言が5月31日まで延長され、5月12日以降も 平日における大阪環状線の終電繰り上げが実施されることになりました。

ただし、土休日の日中における 新快速と大阪環状線・JRゆめ咲線の減便は取り止め、通常ダイヤでの運行となります。







今回のニュースリリースでは、日中の新快速の一部運休や 大阪環状線・JRゆめ咲線の減便についても発表されています。

これらについても、順次取り上げたいと思います。



大阪環状線・JRゆめ咲線 日中の時間帯に減便。
(2021年5月1日以降の土休日と5月6日、7日)





琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線の新快速、日中に野洲~姫路駅間で減便。
(2021年5月1日以降の土休日)



広告