CIMG2665
※下関駅に停車中の普通 仙崎行き。(2018年3月撮影)


JR西日本が 2021年3月13日に実施したダイヤ改正。

山陰本線の山口地区では、日中の時間帯に 小串~下関駅間で 普通列車が減便されています。

今回は、その件について このブログで取り上げたいと思います。


【JR西日本 ニュースリリース(PDF)】
2021年春のダイヤ改正について (JR西日本 広島支社)
 

広告


今回のダイヤ改正で、山陰本線 小串~下関駅間の日中の本数が見直されました。

これまでは概ね40~60分間隔でしたが、概ね50~80分間隔に広がっています。


下関駅

下関駅 山陰線2021
下関駅の時刻表を新旧比較してみました。

これまで 日中に運転間隔が60分以上開く時間帯はありませんでした。

改正後は、10~12時台に1時間25分、12~13時台に1時間22分開くなど、日中の運転間隔が大きく広がっています。


10時35分発の仙崎行きが、長門市行きに変更されました。

下関発の仙崎行きは この1本だけでしたが、今回のダイヤ改正で消滅しています。


また、改正前は13時台に長門市行きがありましたが、こちらもなくなっています。


小串駅(下関方面)

小串駅 山陰線2021
小串駅 下関方面の時刻表も新旧比較。

これまでも 9~11時台にかけて運転間隔が60分以上開いていましたが、11時台と13~14時台に 運転間隔が37分となる時間帯もありました。

改正後は、9時54分発から16時40分発まで 全て運転間隔が60分以上となっています。

16時3分発の列車が運転取り止めとなり、15~16時台にかけて 運転間隔が1時間13分開きました。


下関→長門市方面

改正前
下関→長門市 改正前2021

改正後
下関→長門市 改正後2021
※黄色は下関~長門市を直通する列車。
乗り換え時間・停車時間が10分以上あるものは赤枠で囲みました。



今回のダイヤ改正で、長門市方面との接続がどうなったのか気になったので、調べてみました。

下関13:44発の長門市行きが 13:22発の小串行きに変更されていますが、こちらは終点の小串駅で長門市行きとの接続がありません。

下関12:00発の列車が長門市行きに接続していますが、40分ほど待ち時間があります。


小串15:45発の列車は、長門市行きから益田行きに変更されました。

改正前、この列車に接続していたのは 下関15:01発の小串行きであり、接続時間が3分ほどと 非常に短かったんですよね。

しかし、改正後は下関14:28発に変更され、小串駅で35分も待たされるようになっています。


長門市→下関方面

改正前
長門市→下関 改正前2021

改正後
長門市→下関 改正後2021

長門市から下関方面は、こんな感じ。


改正前、長門市9:55発の列車は 小串駅で23分停車していました。

これでもかなり長いと思うのですが、改正後は なんと停車時間が56分に広がっているではありませんか!

人身事故などの突発的な輸送障害ならとにかく、通常ダイヤで1時間近く停まるのなら、長門市方面から小串駅を越えて下関方面へ向かう人は 誰もこの列車を利用しないでしょう。

いくらなんでも、これは酷すぎます。

長門市駅での山陰線 益田方面や美祢線との接続を考慮し、かつ 小串~下関駅間の減便に対応した結果だと思いますが、もう少し何とかならなかったのでしょうか?


長門市12:55発の下関行きは 発車時刻が7分繰り下がりましたが、小串駅での22分停車がなくなったため、改正前より10分以上早く 下関駅に到着できるようになっています。

山陽線→山陰線(長門市方面)

山陽線→山陰線接続1
※青色は山陽線の列車。
(山陰線の列車と接続するものや 数分差で接続できていないものを記載)


今回のダイヤ改正では、山陽線も 小月~岩国駅間で日中に減便され、60~80分間隔での運行となっています。

山陰線・山陽線共に減便となり、幡生駅での山陰線(小串方面)と山陽線(岩国方面)の接続がどうなったのか気になったので、ついでに調べてみました。


まずは、山陽線 岩国方面から山陰線への接続から。

幡生10:40発の長門市方面行きに接続する列車が、新山口発から小月発に変更されました。

小月駅以遠(新山口方面)から乗車して、幡生駅でこの列車に乗り換える場合、44分も待たされることに・・・。

その一方、12時台では 岩国発の列車から山陰線の小串行きに3分で接続しています。


山陽線→山陰線接続2
13~14時台は、これまで 山陽線から山陰線へ5分で接続できていましたが、今回のダイヤ改正で 15分以上に広がりました。

また、幡生15:42発の小串行きに接続する列車が 新山口発から小月発に変更され、小月駅以遠(新山口方面)から来る列車と山陰線との接続が悪くなっています。


山陰線→山陽線(岩国方面)

山陰線→山陽線の接続1
山陰線の列車から 山陽線 岩国方面へ向かう場合についても調べました。

小串11:00発の列車から岩国行きへの接続時間が 15分→3分と 大きく改善しています。


その一方、長門市9:55発の列車は 小串駅で1時間近く停まる上、幡生駅で接続する列車が新山口行きから小月行きに変更されるという大改悪ぶり。

小月駅以遠へ向かう列車に乗り換えるには、14時5分発の岩国行きが来るまで 幡生駅で1時間以上待たなければなりません。


山陰線→山陽線の接続2
前述の通り、長門市12:55発(改正後は13:02発)の列車は、小串駅での22分停車がなくなり、改正前より早く幡生駅に到着するようになりました。

しかし、接続する山陽線の列車は 15:14発のまま変わっていないため、接続時間が8分→21分に広がっています。


夜の時間帯にも変化

下関駅 山陰線 夜2021
※下関駅の時刻表の新旧比較。 ★マークの列車は 小串駅で長門市行きの最終列車に接続。

今回のダイヤ改正では、夜の時間帯にも変化が!

下関20:53発の列車が運転取り止めとなり、その次の列車の発車時刻が26分繰り上がりました。

20~22時台にかけての運転間隔が、概ね40分→概ね60分に広がっています。

最終列車は、下関23:06発のまま変わりません。


小串から下関方面は、これまでの最終列車だった小串22:58発 下関行きが運転取り止めとなり、その1本前(小串22:22発)が最終列車となっています。




以上、山陰線 山口地区のダイヤ改正について書きました。


山陽線 山口地区の記事でも書きましたが、JR西日本は 自分で自分の首を絞めているようにしか見えません。

小串~下関駅間の運転間隔が60分以上に広がり、その上 長門市方面や山陽線 岩国方面との接続が悪くなれば、鉄道離れがますます加速すると思います。

小串駅での1時間停車など もってのほか。 ふざけるなと言いたいです。


日中に小串~下関駅間で減便するなら、50~80分間隔の不均等なダイヤにする前に、60分間隔のパターンダイヤにしてほしかったと思いますね。


★関連記事★


広告