IMG_0519-1
IMG_0518-1
※大阪駅で2021年1月に撮影。

JR西日本 在来線の発車標で 当駅止まりの表示といえば、行き先欄に 「当駅止」 「Not in Service」 と表示されるのが一般的です。
(主に京阪神地区と岡山・福山地区)


CIMG9743-1
CIMG9746-1
※敦賀駅で2018年1月に撮影。

福井駅や敦賀駅などでは、列車名欄に 「当駅止まり」 「Deadheading Car」 と表示されます。


CIMG5375-1
CIMG5383-1
※新山口駅で2019年4月に撮影。

新山口駅や岩国駅などでは、上の写真のように 「 当 駅 止 」  「Out of Service」 と表示されます。
(広島駅などのように、当駅止まりの表示が出ない駅もあります)


ところが、下関駅の発車標に表示される 当駅止まりの表示は、上3つのどれにも当てはまらない 独自のものになっているのです。

今回は、そんな下関駅の当駅止まりの表示を紹介します。

※写真は2018年3月と2021年3月に撮影しました。

 
広告


まずは、2018年3月に撮った写真から。

どのような表示が出ていたのかというと・・・




CIMG1629-1
CIMG1623-1
下関止!!!

まさに、下関駅でしか見られない表示です。

種別や両数、発車時刻の表示は出ません。


英語表示はどうなっていたのかというと・・・



CIMG1631-1
CIMG1624-1
Depot???

「Not in Service」 でも 「Out of Service」 でもなく、まさかの 「Dopot」でした。

goo辞書 によると、「(列車やバスなどの)車庫」 という意味だそうです。

当駅止まりの英語表示として使っているのは、JR西日本管内でここだけでしょう。


CIMG1681-1
CIMG1682-1
上の段には、普通 厚狭行きの表示が出ていました。

列車名欄には、両数と 「山陽方面」 が交互に表示されます。


CIMG1988-1
CIMG1992-1
CIMG1995-1
CIMG1996-1
翌朝、再び下関駅を訪れると、6番のりばの発車標に 当駅止まりの表示が出ていました。


CIMG2021-1
CIMG2020-1
しばらくすると、当駅止まりの列車が入線してきました。

列車がまいります ご注意下さい」 表示を撮影。


CIMG2042
到着した当駅止まりの列車と発車標を撮影。


山陽線 新山口方面や 山陰線 小串方面から来る普通列車は、基本的に 降車専用ホームである3・4番のりばに到着します。

降車専用ホームには、発車標が設置されていません。

また、山陽線 九州方面から来る普通列車は、基本的に 7番のりばか8番のりばで折り返します。

そのため、下関駅の発車標に当駅止まりの表示が出るのは 朝と深夜の一部の列車だけであり、なかなか見られません。


IMG_8381
IMG_8382
IMG_8396
IMG_8398
2021年3月に改めて下関駅を訪れました。

当駅止まりの表示は、「下関止」 「Depot」 のまま変わっていません。


IMG_8432
IMG_8433
表示を再び拡大して撮影。


IMG_8405
IMG_8419
下の段には、「この列車は車庫に入りますのでご乗車は出来ません。」 といったスクロール表示が流れていました。


IMG_8481-1
しばらくすると、6番のりばに 当駅止まりの列車が到着しました。

下関駅に22時24分に到着する普通列車です。


以上、下関駅で撮影した当駅止まりの表示を紹介しました。





広告