下関駅から九州方面へ向かう普通列車は、大半が小倉行きです。

朝晩には 隣の門司止まりとなる列車や、苅田行き・行橋行き・新田原行き・中津行き・大分行きも設定されています。

そんな中、下関発の 「柳ケ浦行き」 が夜の時間帯に2本、「博多行き」 が深夜に1本設定されていました。

前者は2018年3月のダイヤ改正で、後者は2021年3月のダイヤ改正で消滅しています。


今回は、2018年3月に下関駅で撮影した 「柳ケ浦行き」 と 「博多行き」 をご紹介。








広告


CIMG1255-1
CIMG1258-1
CIMG1250-1
CIMG1252-1
1本目の柳ケ浦行きは、20時11分に発車していました。

まずは、7番のりばに設置されている発車標から。

列車名欄には、両数と 「九州方面」 が交互に表示されます。


柳ケ浦駅は、大分県宇佐市にある日豊本線の駅です。

下関・小倉側から見て、中津駅の5駅先、宇佐駅の2駅手前にあります。

正式な駅名は 「柳浦」 ですが、発車標には 「柳浦」 と表示されていました。


CIMG1280-1
同じホームの向かい側・6番のりばの発車標には、柳井(やない)行きが表示されていました。

下関発の柳井行きは 1日に1本しかありませんでしたが、2021年3月のダイヤ改正で徳山行きに変更されています。


CIMG1318-1
CIMG1311-1
CIMG1306-1
CIMG1307-1
改札口に設置されている発車標も撮影。

九州方面の普通列車は 基本的に7番のりばから発車しますが、一部の列車は8番のりばから発車します。

英語表示は、「Yanagigaura」 と 「Yukuhashi」 のフォントが異なっていました。


CIMG1288-2
CIMG1290-2
柳ケ浦行きと行橋行きの行き先表示を拡大して撮影。


CIMG1332-1
ホームへ戻ると、柳ケ浦行きが停車していました。

列車側面の方向幕も、「柳浦」 と書かれています。


CIMG1334-1
7番のりばに停車中の普通 柳ケ浦行きを撮影。 415系です。


CIMG1338-1
車両前面の方向幕を拡大して撮影。 こちらは 英語表記がありません。


CIMG1340-1
前面の方向幕が消灯しました。


CIMG1346-1
CIMG1350-1
ホームに設置されている発車標を改めて撮影。

発車時刻になり、柳ケ浦行きが発車していきました。

ちなみに、2021年現在は、20時12分発の小倉行きが設定されています。


CIMG1543-1
CIMG1544-1
CIMG1545-1
CIMG1547-1
続いて、2本目の柳ケ浦行きをご紹介。

こちらは、22時54分に発車していました。


CIMG1574-1
CIMG1575-1
CIMG1578-1
CIMG1572-1
柳ケ浦行きが上の段に表示されると、下の段に 博多行きが表示されました!

2018年3月のダイヤ改正で、22時54分発の列車が博多行きに、23時13分発の列車が行橋行きに それぞれ変更されました。

その後、2021年3月のダイヤ改正で 博多行きは 福間~博多駅間で運転取り止めとなっています。

なお、下関発の福間行きも 1日に1本しか設定されていない行き先です。


CIMG1555-1
CIMG1556-1
柳ケ浦行きと博多行きの行き先表示を拡大して撮影。


CIMG1583-1
CIMG1584-1
CIMG1614-1
CIMG1615-1
7番のりばの発車標にも、柳ケ浦行きと博多行きが並んで表示されています。


CIMG1609-1
しばらくすると、柳ケ浦行きが到着しました。

列車が入線するときは、下の段に 「列車がまいります ご注意下さい」 と表示されます。


CIMG1616-1
7番のりばに到着した柳ケ浦行き。 車両を後ろから撮ってみました。

下関駅のホームは、階段やエスカレーターが 岩国側の端にしかありません。

そのため、車両の最後尾が 階段に一番近い位置に止まります。


CIMG1638-1
先ほどの柳ケ浦行きが発車し、しばらくすると 博多行きが入線してきました。

列車がまいります ご注意下さい」 表示を撮影。


CIMG1639-1
博多行きの方向幕は、こんな感じ。


CIMG1645-1
7番のりばに到着した 博多行きの車両を前から撮影。


以上、下関駅で撮影した 柳ケ浦行きと博多行きを紹介しました。


★次の記事★




★関連記事★


 

広告