IMG_7947-1
※上の写真は、下関駅で2021年3月に撮影。


2021年9月現在、新山口駅を発車する山陽線の下り列車は 全て下関行きとなっていますが、かつては 深夜に1本だけ 「厚狭行き」 が設定されていました。

この列車は、新山口~厚狭駅間の最終列車だったんですよね。

2021年3月のダイヤ改正で最終列車の繰り上げが実施され、下りの厚狭行きは 新山口~厚狭駅間の運転を取り止める形で消滅しました。






しかし、2021年9月4日に新山口駅を訪れると・・・



IMG_7325
IMG_7329
なんと、在来線改札口の発車標に、半年前のダイヤ改正で消えたはずの 「厚狭行き」 が表示されていたのです!

22:43発の最終列車だけでなく、その1本前の列車も 厚狭行きになっています。


IMG_7362
IMG_7363-1
IMG_7378
IMG_7365-1
IMG_7366
IMG_7381
下の段には、「次の列車は、先日の大雨の影響で、行き先を変更し、厚狭行きとして運転しています。厚東~厚狭駅間はバスによる代行運転をおこなっています。大変ご迷惑をおかけ致します。」 とスクロール表示が流れていました。


山陽線 山口地区では、2021年8月中旬の大雨の影響で、小野田~厚狭(あさ)駅間の路盤が 長さ約20メートル、幅約15メートルにわたって崩落しました。

そのため、厚東(ことう)~厚狭駅間で 9月4日まで運転を見合わせたほか、8月18日から同区間でバスによる代行輸送が実施されました。

運転を再開するまでの間、新山口駅から下関方面へ向かう列車は 全て 「厚東行き」 だったわけですが、厚東駅から代行バスを利用することで下関方面に行けるためか、発車標や方向幕では 「下関行き」 と案内されていたんですよね。


代行バスは列車よりも所要時間がかかる一方、厚狭~下関駅間の列車は通常通りの時刻で運転されているため、代行バスから列車への接続がない場合もありました。

22:05発と22:43発の列車に乗って下関方面へ行こうとすると、厚狭駅で 代行バスから下関行きの最終列車に乗り継ぐことができません。
※下関行きの最終列車は 厚狭駅を23時17分に発車。代行バスは厚狭駅に23時23分 および 23時54分に到着。

厚狭駅から先、下関方面に行けないことを示すため、「厚狭行き」 と案内されていたのです。


【JR西日本 ニュースリリース(PDF)】
山陽線 厚東~厚狭駅間 バス代行時刻表








広告