CIMG4843-1

山陽本線では、2018年7月6日に発生した西日本豪雨によって 広範囲で被災しました。

山口地区(岩国~下関)では、徳山~下関駅間が数日で、岩国~柳井駅間が11日後に運転を再開しましたが、柳井~下松(くだまつ)駅間は 復旧に2ヶ月以上を要しています。


2018年8月1日に、下松~徳山駅間で運転を再開。

それから 9月9日に柳井~下松駅間が復旧するまでの間、通常ダイヤで設定されていない 「下松行き」 の電車が運転されました。


今回は、2018年8月に新山口駅で撮影した 下松行きの表示をご紹介。


★前回の記事★



広告


CIMG4860-1
CIMG4857-1
今回、不通区間の多い山陽本線を避け、山陰本線・山口線経由で新山口駅へ行きました。

まずは、ホームに設置されている発車標から。


CIMG4874-1
車両側面の方向幕は、徳山行きになっていました。


CIMG4862-1
CIMG4864-1
改札内通路にある発車標も撮影。


CIMG5627-1
CIMG5612-1
翌日、改めて新山口駅を訪れました。

まずは、ホームに設置されている発車標から。


CIMG5653-1
CIMG5658-1
行き先表示を拡大して撮影。

表示される文字のフォントは、下関駅の発車標と異なります。


CIMG5698
CIMG5689-1
CIMG5691-1
改札内通路にある発車標も 改めて撮影。


CIMG5711-1
CIMG5705-1
在来線改札口に設置されている発車標です。

下の段には、下松~柳井駅間の運転見合わせを知らせるスクロール表示が流れ続けていました。


スクロール表示が流れている間は、日本語・英語の切り替えが行われません。

そのためか、英語表示が出ませんでした。


CIMG5715-1
しばらくすると、下松行きの列車が到着。

この列車に乗って、防府駅へ向かいました。


以上、新山口駅で撮影した 「下松行き」 の表示を紹介しました。

 
下関駅の記事でも書いたとおり、2021年3月13日のダイヤ改正から 下松行きが毎日運転されるようになります

広島・山口地区で一斉に行われる最終列車の繰り上げにより、徳山駅を23時24分に発車する柳井行きの最終列車が下松行きに短縮されるのです。




広告