CIMG5715-1
※上の写真は、2018年8月に撮影。


山陽線 山口地区では、2021年3月13日のダイヤ改正で、夜に 下関発の 「下松行き」 が1本設定されました。

下松行きは、2018年7月に発生した西日本豪雨の影響で 柳井~下松駅間が長期間運転見合わせとなった際、一時的に運転されていた行き先です。

定期列車として設定されるのは、おそらく初めてではないでしょうか?


今回、2021年9月に新山口駅を訪れ、下松行きの表示を撮影してきました。

このブログで紹介しておきたいと思います。


★西日本豪雨の時に出現した下松行き★


★下松行きが定期列車化★



広告


IMG_7401
IMG_7391
まずは、在来線改札口に設置されている発車標から。

下の段に、下松行きの表示が出ていました。


この下松行きは、徳山から先 下松までの最終列車です。

ダイヤ改正前は 22時46分発の列車も徳山行きであり、徳山駅で柳井行きの最終列車に乗り換えとなっていました。

今回のダイヤ改正で、下松から先 柳井までの最終列車が41分繰り上がりましたが、徳山~下松駅間は 逆に6分繰り下がった上、徳山駅での乗り換えがなくなっています。


IMG_8051
IMG_7421
下関駅と新山口駅で撮影した 徳山行き・下松行きの表示を並べてみました。
(上が下関駅、下が新山口駅の表示です)

下関駅の表示と違って、新山口駅の表示は 文字と文字の間が詰められています。

見比べると、両者のフォントが異なっているのも分かりますね。


IMG_8052
IMG_7431
英語表示の比較。

こちらは、両者のフォントの違いが分かりやすいです。


IMG_7442
IMG_7453
4・5番のりばに設置されている発車標も撮影。

その後、22時13分発の徳山行きに乗って、防府駅へ向かいました。






以上、新山口駅で撮影した 「下松行き」 を紹介しました。



 



広告