豪渓行き(岡山~総社)

伯備線では、2018年7月6日に発生した西日本豪雨によって 広範囲で被災しました。

中でも、豪渓~新見~上石見駅間は、土砂流入や線路冠水などの被害を受け、復旧まで1ヶ月近くを要しています。
(8月1日に全線で運転再開)

2018年7月13日に総社~豪渓駅間が復旧してから全線復旧するまでの間、通常ダイヤで設定されていない 「豪渓行き」 の電車が運転されました。

豪渓駅は 総社駅の隣の駅であり、1日の平均乗車人員が100人台という無人駅ですが、上下共用の待避線があり 折り返し運転ができるのです。


今回、2018年7月に総社駅を訪れ、豪渓行きの表示が出ているか確認してきました。


★前回の記事★



広告


岡山駅から豪渓行きに乗って、総社駅へ。

到着後、さっそくホームの発車標を確認すると・・・




CIMG8611-1
???

なんと、昼間なのに 「★★★本日は終了しました★★★」 表示が出ていました。

この駅の発車標は、豪渓行きに対応していないようです。


CIMG8650
CIMG8637-1
改札口の発車標は、伯備線の下り(新見方面)のみ 「調整中」 になっていました。

伯備線 下り列車 次の駅、豪渓駅までの運転です。」 と書かれた案内が貼ってあります。


CIMG8620
CIMG8615-1
階段の近くに、豪渓行きの発車時刻が掲示されていました。


CIMG8648-1
CIMG8641-1
伯備線上り(倉敷方面)の発車標です。

通常であれば 毎時2本運転されますが、新見駅に車両が取り残されているためか、本数を減らして運転していました。

14時51分発の次が16時24分発と、運転間隔が1時間半も開いています。


CIMG8660-1
CIMG8659-1
桃太郎線(吉備線)の発車案内。

こちらは、通常ダイヤで運転されていました。


CIMG8679-1
CIMG8675-1
1・2番のりばの発車標も撮影。

その後、14時51分発の列車に乗って 倉敷駅へ向かいました。






ちなみに、2019年3月のダイヤ改正から、のりば番号が以下のように変更されています。


桃太郎線
1番のりば→0番のりば

伯備線上り(倉敷方面)
2番のりば→1番のりば

伯備線 (待避線)
3番のりば→2番のりば

伯備線下り(新見方面)
4番のりば→3番のりば





広告