雀田駅 地図
※画像はYahoo!地図より。


山口県宇部市と山陽小野田市を結ぶ 小野田線

その途中にある雀田駅からは、長門本山駅へ続く 全長2.3kmの短い支線(通称:本山支線)がのびています。

小野田線(宇部新川~小野田)の本数も 1日9往復と少ないのですが、本山支線は 朝に2往復、夕方に1往復の計3往復しか運転されない、超閑散路線なのです。


今回は、2019年4月に 雀田駅で撮影した写真を紹介します。


★前回の記事★



広告


CIMG5111
宇部新川駅から長門本山行きに乗車すると、途中の雀田駅で6分間停車しました。
(6:53着、6:59発)

ホームに降り立ち、まずは 長門本山行きの車両を撮影。

小野田線の主力車両である クモハ123形電車です。


CIMG5119
CIMG5125
今度は、後ろから車両を撮影。

本山支線のホームは 周りよりも1段高くなっているものの、車両とホームの間に 少し段差があります。


CIMG5123
CIMG5130
パンタグラフを入れずに撮った写真も貼っておきます。


CIMG5117
本山支線ホームの駅名標です。

小野田線のラインカラーは青紫色ですが、駅名標の帯の色は JR西日本のコーポレートカラーである青色でした。


CIMG5133-1
駅の外に出て、駅舎を撮影。

屋根などがオレンジ色に塗られています。

その後、電車に乗って 終点の長門本山駅へ向かいました。





CIMG5308
長門本山駅でしばらく過ごした後、宇部新川行きに乗って 雀田駅に戻ってきました。

この駅で9分間停車します。(7:42着、7:51発)


まずは、本山支線ホームの様子からご紹介。

ホーム幅が かなり狭いように見えます。

1日に3往復という少なさ故か、点字ブロックが整備されていませんでした。


CIMG5309
ホームから1段降りたところに、椅子が設置されています。


CIMG5277
CIMG5272
本山支線ホームに停車中の宇部新川行きを撮影。


CIMG5281
せっかくなので、パンタグラフを入れずに撮った写真も貼っておきます。


CIMG5285-1
駅舎は 本山支線ホームと小野田線ホームに挟まれた場所にあります。


CIMG5312-1
出入口の上にある案内表示を撮影。

左側が本山支線ホーム、右側が小野田線ホームです。

のりば番号の表記はありません。


CIMG5288
CIMG5290
駅舎側からホームを見ると、こんな感じ。

小野田線の線路が左へ大きくカーブしているのに対し、本山支線の線路は ほぼまっすぐに敷かれています。

これは、居能~雀田~長門本山が宇部電気鉄道、小野田港~小野田駅間が小野田軽便鉄道(のちに小野田鉄道に改称)という私鉄によって別々に開業したためです。

雀田~小野田港駅間が繋がったのは、国有化後の1947年のことでした。


CIMG5284-1
小野田線ホームに小野田行きの電車が到着。

停車時間は短く、すぐに発車していきました。


本山支線ホームと異なり、こちらには点字ブロックが整備されています。

さらには、CPライン(ホーム端の赤い線)も引かれていました。


CIMG5315
本山支線の駅名標を改めて撮影。


CIMG5270
先ほどの駅名標の反対側、小野田線の駅名標を撮影。

2019年4月当時は こんな感じでしたが、ウィキペディア を見たところ、その後 地元のサッカークラブ 「レノファ山口FC」 のチームカラーであるオレンジ色のものに更新されたようです。


CIMG5295-1
駅を出て、改めて駅舎を撮りました。


CIMG5298-1
駅名表示を拡大して撮影。


CIMG5301
駅の出入口の横には、この付近の海抜表示がありました。


CIMG5292
駅前の様子です。


CIMG5305-1
CIMG5303
駅舎内には、木の机と椅子が置かれています。

自動券売機は設置されていません。

また、小野田線と本山支線では ICOCAなどのICカードが使えません。


CIMG5132
ホーム側の出入口には、JR西日本 広島支社管内でおなじみの接近表示器が設置されています。


以上、雀田駅で撮影した写真を紹介しました。


★次の記事★


★関連記事★


広告