IMG_8846-2

JR西日本の新しい長距離列車である WEST EXPRESS 銀河 (長いので、記事中では 「銀河」 と書きます)

気軽に鉄道の旅を楽しめる列車」 をコンセプトに、2020年9月11日に営業運転を開始しています。
※当初は5月8日の予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期されていました。

これまで、山陰方面(京都・大阪~出雲市)の夜行特急列車、山陽方面(大阪~下関)の昼行特急列車として運行されてきましたが、2021年7月16日から 新たに 和歌山方面(京都~新宮)の運行を開始しました。

下り(新宮行き)は夜行特急列車、上り(京都行き)は昼行特急列車として運行されます。


今回、2021年9月5日に天王寺駅を訪れ、WEST EXPRESS 銀河の京都行きを撮影してきました。

発車標の表示を中心に紹介したいと思います。


★前回の記事★

 
★紀南コースの概要★



広告


IMG_8658
IMG_8636
まずは、阪和線ホームに設置されている液晶ディスプレイの発車標から。

一番下の段に、「WEST EXPRESS 銀河」 京都行きの表示が出ました。

新大阪・京都方面へ向かう列車は、大和路線 JR難波方面の発車標に表示されます。


IMG_8685
IMG_8687
種別表示を拡大して撮影。

液晶ディスプレイの発車標では、種別欄に列車名も表示されます。


IMG_5192
IMG_5207
※上の写真は2020年11月に新大阪駅で撮影。

液晶ディスプレイの表示は 新大阪駅と同じだと思っていたのですが、改めて確認すると大きな違いがありました。

新大阪駅では 「WEST EXPRESS 銀河」 の列車名表示が灰色でしたが、天王寺駅では青色になっています。





IMG_8666
IMG_8667
行き先表示も拡大して撮影。

天王寺駅では、18番のりばから発車する京都行き(特急はるか・くろしお・銀河)に加え、16番のりばからは 大和路線の 「奈良方面 京都行き」 も発車しており、2種類の京都行きが見られます。
※特急くろしおの京都行きは1日1本のみ。2021年9月現在は新大阪~京都駅間で区間運休。





IMG_8711
IMG_8716
中央口の発車標にも、銀河の表示が出ました。


IMG_9093 (2)
IMG_8731
京都駅と天王寺駅で撮影した 銀河の列車名表示を並べてみました。
(写真は上が京都駅、下が天王寺駅)

大阪環状線・大和路線の発車標は、表示される文字のフォントが JR京都線・神戸線の発車標と異なるのですが、銀河の列車名表示は どちらも全く同じに見えます。


IMG_9094 (2)
IMG_8733
英語表示は、こんな感じ。

「i」 の点が★になっていたり、「A」 の真ん中が★形にくり抜かれているのが特徴的です。

こちらも、全く同じに見えますね。


IMG_8757
IMG_8762
駅東側の改札内コンコースにある発車標も撮影。


IMG_8774
IMG_8771
17・18番のりばの発車標です。


IMG_8802
IMG_8805
銀河が真ん中の段に表示されました。


一番上の普通 西九条・大阪方面行きは、大和路線から大阪環状線に直通する 「区間快速」 です。

大阪環状線内の各駅に停車するため、天王寺駅で普通電車に種別変更します。





IMG_8830
IMG_8825
列車名の表示を拡大して撮影。


IMG_8794
IMG_8799
行き先表示も拡大して撮影。

この駅ではかつて、大和路線や阪和線から大阪環状線へ直通する電車を 「大阪行き(京橋行きは 「大阪方面 京橋行き」 )と案内していましたが、2021年現在は  「西九条・大阪方面行き」 と案内するようになっています。





IMG_8841
IMG_8842
18番のりばに 銀河が入線してきました。

列車がまいります」 「Train Approaching」 表示を撮影。


IMG_8853-1
18番のりばに到着した 「WEST EXPRESS 銀河」 京都行きを撮影。

車両は 6両編成の117系を改造したものです。


IMG_8857-1
正面から撮ると、こんな感じ。


IMG_8860-1
銀河は2分間停車した後、京都方面へ向かって発車していきました。


以上、天王寺駅で撮影した 「WEST EXPRESS 銀河」 京都行きを紹介しました。




広告