IMG_4374-2
※特急はるか 野洲行きの種別・行き先表示。(関西空港駅で撮影)

関空特急はるかは ほとんどが京都~関西空港駅間で運転されていますが、これまでは 朝に米原発の関西空港行きが、夜に関西空港発の米原行きが2本ずつ設定されていました。

新型コロナウイルスの感染拡大による利用客減の影響で、2020年4月24日から当面の間、米原発着のはるか号が運休に。

2021年3月13日のダイヤ改正で、これまで米原行きだった列車が 「野洲行き」 として運転を再開しました。
(野洲~米原駅間は運転取り止め)

野洲行きの はるか号が設定されるのは、1994年の運行開始以来 初めてです。


今回、ダイヤ改正当日に天王寺駅を訪れ、そんな特急はるか 野洲行きの表示を撮影してきました。


★前回の記事(関西空港駅)★


★2021年3月のダイヤ改正(はるか号)★


★2021年5月1日から さらに減便中★
※野洲行きは2本中1本が運転取り止めとなっています。(関西空港19:16発)



広告


関西空港駅で 特急はるか 野洲行きの一番列車を撮った後、関空快速に乗って 天王寺駅へ戻ってきました。

発車標に 野洲行きの表示が出るまで、改札内でしばらく待ちます。


IMG_4441
IMG_4462
阪和線ホームに設置されている液晶ディスプレイの発車標に、野洲行きの表示が出ました!

行き先表示は、「京都方面 野洲」 となっています。


IMG_4442
IMG_4463
英語表示です。

関西空港駅では 「Kyōto・Yasu」 と表示されていましたが、ここでは ただ単に 「Yasu」 と表示されています。


IMG_4474
IMG_4494
20時29分発の普通 JR難波行きが発車すると、中央口のLED発車標にも 野洲行きの表示が出ました!

こちらも、「京都方面 野洲」 と表示されています。


「洲」 の さんずいは、下の部分が カタカナの 「イ」 のようになっています。

その真上にある 「波」 の さんずいと異なっているのが不思議です。


京都方面 野洲行き 表示の比較(姫路・天王寺)
※上が姫路駅、下が天王寺駅の表示。

大阪環状線の発車標は、表示される文字のフォントが JR京都線やJR神戸線と異なります。

姫路駅と天王寺駅で撮った 「京都方面 野洲」 表示を並べて比較すると、違いは一目瞭然ですね。


IMG_4473
IMG_4496
英語表示は、こんな感じ。


野洲行き 表示の比較(京都・天王寺)
※上が京都駅、下が天王寺駅の表示。

京都駅と天王寺駅で撮った 「Yasu」 表示を並べて比較しました。
(姫路駅では 「Osaka・Kyoto・Yasu」 と表示されます)

天王寺駅の表示は、京都駅と比べ 「Y」 の上の部分が少し長く、「asu」 の文字幅が狭いです。


IMG_4502
IMG_4503
駅東側の改札内コンコースにある発車標も撮影。


以上、天王寺駅で撮影した 特急はるか 野洲行きの表示を紹介しました。


広告