IMG_4474
IMG_4494
※上の写真は、2021年3月に撮影。


2021年3月13日のダイヤ改正で新設された、特急はるか 「野洲行き」 。

天王寺駅では これまで、発車標の行き先欄に 「京都方面 野洲」 と表示されていたんですよね。


しかし 今月(2021年9月)、改めて天王寺駅を訪れると、そんな野洲行きの表示に意外な変化がありました。

このブログでさっそく取り上げたいと思います。


★前回の記事★



広告


中央口に設置されている発車標を確認すると・・・



IMG_8525-1
IMG_8546
!!!

なんと、「京都方面」 がなくなって、ただ単に 「野洲」 と表示されていたのです!

これは全く予想しておらず、本当に驚きました。


IMG_8531-1
IMG_8548
英語表示は これまでと同様、ただ単に 「Yasu」 と表示されています。


IMG_8567
IMG_8568
17・18番のりばに設置されている発車標も、この通り。

ちなみに、ホームで流れる自動放送も、「京都方面」 を付けずに案内するようになっていました。


IMG_8574
IMG_8573
こちらも、行き先表示を拡大して撮ってみました。

「洲」 の さんずいは、「波」 のさんずいと違って、下の部分が カタカナの 「イ」 のようになっています。


IMG_4441
※上の写真は、2021年3月に撮影。

阪和線ホームに設置されている液晶ディスプレイの発車標です。

前回撮った時は、「京都方面 野洲」 と表示されていましたが・・・


IMG_8583
IMG_8593
こちらも 「京都方面」 がなくなり、ただ単に 「野洲」 と表示されていました。


IMG_8580
IMG_8594
英語表示も撮影。


IMG_8610
IMG_8609
IMG_8608
ホームへ戻ると、18番のりばに 特急はるか 野洲行きが入線してきました。

列車がまいります」 「Train Approaching」 表示を撮影。


IMG_8618-2
18番のりばに到着した特急はるか 野洲行きを撮影。

すっかりおなじみとなった、ハローキティはるかです。


IMG_8614-2
車両側面の表示は、「野洲」 のまま変わっていません。


2020年4月まで運転されていた 特急はるか 「米原行き」 の場合、車両側面には 「京都・米原」 と表示されていました。

これに倣って、野洲行きも 「京都・野洲」 と表示されるのを期待していたのですが、まさか発車標の表示から 「京都方面」 が消えるとは思いもしなかったです。


行き先に 「京都方面」 を付けることで、京都駅より先へ行く列車であることが一目で分かります。

この分かりやすさが良いと思っていたので、今回の表示の変更は 少し残念に思いますね。

関西空港駅や新大阪駅でも同様に変化しているのか、気になるところです。


★次の記事★


★関連記事★


広告